現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 文化財関連施設 > 八王子市郷土資料館(登録博物館)

八王子市郷土資料館(登録博物館)

更新日:令和2年2月1日

ページID:P0005312

印刷する

八王子市郷土資料館

 郷土資料館外観

※新型コロナウイルス感染症対策に伴う施設の利用休止等について【3月6日(金曜日)~4月13日(月曜日)】※3月25日更新

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月13日(月曜日)まで施設の利用休止を延長します。再開の予定は現段階では未定です。決定次第当サイトでお知らせいたします。御利用の皆さまには御不便をお掛けいたしますが、御理解・御協力をお願いします。

なお、利用休止中も図書はご購入いただけます。窓口の職員にお声がけください。

※月曜日は休館日です。職員は出勤しておりませんのでご注意ください。

※3月22日で終了予定だった特別展「織物の八王子」は会期の延長を予定しています。

サイトマップ

・利用案内

・トピックス(最新情報)

・郷土資料館の概要

・館の様子や業務を知りたいとき

・販売している図書を知りたいとき

・郷土資料館オリジナルグッズ販売中です

・社会科見学や職場体験などを申し込みたいとき 

・郷土資料館ガイドボランティアの活動を知りたいとき 

・博物館実習生の受入れ

・その他(見学や資料利用について) 

・地図 

・八王子かるた

・八王子駅南口集いの拠点整備基本計画

利用案内

所在地

郵便番号 192-0902 東京都八王子市上野町33
電話番号 042-622-8939 ファックス 042-627-5919

開館時間

午前9時から午後5時まで

休館日

月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日・年末年始。

その他、館内整理日等のため臨時に休館する場合があります。詳細は下記リンク先「ミュージアムカレンダー」でご確認ください。

入館料

無料

交通

  • JR八王子駅南口から徒歩15分
  • JR八王子駅南口から「東京家政学院」行、「上野町三丁目」下車徒歩3分。

駐車場

有り

ミュージアムカレンダー

郷土資料館の年間予定を記載したミュージアムカレンダーです。下記よりダウンロードしてご利用ください。
なお、特別展や各種イベントについては、事前に申込みが必要なものや期間・内容等が変更される場合がございます。詳細は広報「はちおうじ」やホームページでお知らせいたしますのでご確認ください。

2019年間予定表(PDF形式 715キロバイト)

2019年間カレンダー(PDF形式 660キロバイト)

トピックス(最新情報)

特別展「織物の八王子 ~戦後から現代までをたどる~」を開催します。(2020年2月21日更新)

織物ポスター  織物2

織物展示1 織物展示2

江戸時代には、「桑都」と呼ばれ、明治、大正、昭和と長きにわたって織物のまちとして知られてきた八王子。多彩な織物やネクタイ、マフラー、華やかなポスターなどの資料を展示し、戦後から現代までの「織物のまち 八王子」を紹介します。八王子を下支えしてきた織物業と八王子の織物の魅力をぜひご覧ください。

・会 期:令和2年2月15日(土)~3月22日(日)※新型コロナウィルスの影響を考慮し、会期の延長を予定しています。
・会 場:郷土資料館1階 特別展示室

織物1⇐ ヤングカジュアル 着尺
昭和40年代後半には、若者が気軽に着ることができるように、明るい色合い、可愛らしいデザインの生地が作られました。

織物2紋ウールの着物 ⇒
紋ウールは、昭和30年に開発されたウール(毛)を使った着尺地で、ジャガード織機を使って様々な紋様を織り出します。ドライクリーニングが出来て、裏地がいらないので、大変人気になり八王子の織物業界最大のヒット商品となりました。紋ウールなどのヒット製品により、昭和40年度、八王子は全国一の着尺の産地になったのです。

織物3⇐ ネクタイ
昭和34年、八王子のネクタイ地は、全国生産量の約70パーセントを占めました。現在でも八王子の織物の主力製品です。



※資料所蔵:八王子織物工業組合

≪関連事業≫

展示解説
令和2年2月24日(月・祝)、3月15日(日)に予定していました上記企画展の展示解説は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止となりました。

体験学習「八王子の織物で作る布貼り絵」
令和2年3月8日(日)に予定していました企画展「八王子の織物で作る布貼り絵」は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止となりました。

織物 体験学習

  • 紙芝居「大久保長安」(2020年2月21日更新)

    令和2年2月22日(土)に予定していました紙芝居「大久保長安」は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止となりました。

    長安表紙

    『八王子と鉄道 』待望の再販販売中です!(残りわずか)(2019年10月16日更新)

    鉄道図録

    好評につき品切れになっていた展示図録「八王子と鉄道」を第4刷増補改訂版として9月14日から販売します。
    ページ数が増え、写真が大きく見やすくなり、新資料も40点掲載しています。

    A4版 本文90ページ フルカラー 価格600円

    『八王子と鉄道 』クリアファイル販売中!(2019年10月16日更新)

    昭和初期の八王子の鳥瞰図や、古い写真をレイアウトしたクリアファイル(A4サイズ)を販売しています。 資料館来館の記念に、お土産にどうぞ!

    価格200円

    鉄道クリアファイル
    ※上図は、裏表を開いたものです。

     「未来への贈り物~平成30年度寄贈資料展~」開催中です!(2019年9月6日更新)

    新収蔵2019後期

    郷土資料館は、毎年多くの方々から貴重な資料を寄贈していただいています。いただいた資料のすべてを一度に公開することはできませんが、昨年度(平成30年度)中に御寄贈いただいた資料の一部を紹介します。

    会期:令和元年9月5日(木)~令和2年3月31日(火)
    会場:2階新収蔵展示コーナー
     

     郷土資料館ガイドボランティアを募集しています!(随時)

    郷土資料館では、随時ガイドボランティアを募集しています。

    詳細については募集要項をご確認の上、ご応募ください。

    郷土資料館ガイドボランティア募集要項(PDF形式 178キロバイト)

    郷土資料館ガイドボランティア

    博物館実習生の受入れについて

    当館では、例年博物館実習を受け入れています。令和2年度の実習については、令和2年4月1日から受付予定です。

    受け入れについての詳細をご確認の上、お申込みください。

    令和2年度博物館学芸員実習生受入について(PDF形式 113キロバイト)

    新刊案内!特別展『こども考古学教室 見てみよう!ずっと昔の八王子 』展示図録の販売中です。(2019年9月6日更新)

    考古学教室図録

    「考古学ってなに?」「発掘調査ってなにをするの?」「八王子にはどんな遺跡があるの?」

    令和元年(2019年)7月19日(金)~9月1日(日)の会期で開催された特別展「こども考古学教室 見てみよう!ずっと昔の八王子」の展示解説書です。

    八王子には旧石器時代から近代までの遺跡が1,000か所を超えて存在しています。本書では、八王子のさまざま遺跡をもとに、発掘や遺跡に興味をもつ子どもたちのため、考古学の世界をわかりやすく紹介しています。

    A5版 本文52ページ フルカラー 価格300円

    新刊案内!資料シリーズ第58号『下椚田村狭間 鈴木日記 三 』販売中です。(2019年6月7日更新)

    下椚田狭間 鈴木日記三表紙

    『下椚田村狭間 鈴木日記 二』(平成30年3月発行)の続編で、江戸時代編の完結となります。
    『鈴木日記』は、狭間で年番名主をつとめた鈴木佐次右衛門による日記です。本書では、文久2年(1862年)から慶応4年(明治元年、1868年)までを掲載しています。佐次右衛門の息子楠五郎が八王子千人同心として活動するようすも記されています。

    平成31年(2019年)3月29日発行

    A4版 本文113ページ モノクロ 価格500円

    『ブックレット千人のさむらいたち~八王子千人同心~』再販いたしました。(2017年3月10日更新)

    ブックレット千人のさむらいたち表紙

    完売しておりましたが、このたび再販いたしました。

    本書は八王子千人同心について、その成り立ちから解体までを簡潔に記述した千人同心の概説書です。
    難解な用語には頭注をつけ、写真や図表も多く盛り込んで読みやすくなっています。

    A5版 本文124ページ 口絵カラー 価格300円

    刊行物のご案内

    郷土資料館の概要

    昭和38年頃、中央高速自動車道の建設にともない、市内宇津木町向原遺跡の発掘が行われ、多くの土器や石器が出土しました。
    それを契機に、八王子の歴史資料を収集・保存しようという市民運動が起きました。
    昭和39年には、市内の陶芸家井上郷太郎氏が収集した貴重な考古資料約1000点(井上コレクション)が市に寄贈され、ますます貴重な資料を保存・公開する施設を求める市民の声が高まり、東京オリンピック開催の記念事業の一つとして、展示・収蔵施設が建設されることになりました。
    こうして、昭和42年4月1日に八王子市郷土資料館が開館しました。翌年には、博物館法により登録を受けました。
    市内出土の考古資料や、市内で使われていた民俗資料などを調査・研究・収集・展示し、郷土の歴史を知る場として、多くの人々に利用されています。

    館の様子や業務を知りたいときは

    販売している図書を知りたいときは

    ※新八王子市史は郷土資料館で販売しています。
    八王子市市史編さん室の刊行物一覧(平成30年2月28日現在)(PDF形式 429キロバイト)

    郷土資料館オリジナルグッズ販売中です

    ・缶バッチ(直径32mm、裏側安全ピン) 各200円

    瑠璃釉椀のうさぎ ・瑠璃釉椀の底に描かれた「うさぎ」

    鳴る土偶 ・鳴る土偶

    如意成就印 ・北条氏照が使用した「如意成就」印

    八王子かるた

    ガイドボランティア有志で作成した、八王子の郷土かるたです。データで公開しています(販売は終了しました)。

    社会科見学や職場体験などを申し込みたいときは

    郷土資料館ガイドボランティアの活動を知りたいときは

    その他

    郷土資料館の資料を利用したい方や資料利用申請書はこちら。

    地図

    案内図

  • 交通アクセス
  • ・JR八王子駅南口から徒歩15分
  • ・JR八王子駅南口から「東京家政学院」行、「上野町三丁目」下車徒歩3分。

    より詳しい地図をご覧になりたい場合は下記リンクをご参照ください。

    「八王子駅南口集いの拠点整備基本計画」を策定しました。(平成31年(2019年)3月)

    都市計画部都市総務課が平成28年3月に策定した「八王子医療刑務所移転後用地活用計画」に位置づけた「集いの拠点」の整備に向け、基本的な考え方を示す「八王子駅南口集いの拠点整備基本計画」を策定しました。
    本計画では、「歴史・郷土ミュージアム」を導入機能の一つとしています。また、「歴史・郷土ミュージアム」の基本的な考え方を兼ねる「新郷土資料館基本構想・基本計画」も組み込まれています。

  • 詳細は、都市総務課のページを御確認下さい。
    「八王子駅南口集いの拠点整備基本計画」

  • 関連ファイル

    八王子市市史編さん室の刊行物一覧(平成30年2月28日現在)(PDF形式 429キロバイト)

    2019年間予定表裏(PDF形式 660キロバイト)

    2019年間予定表おもて(PDF形式 715キロバイト)

    令和2年度博物館学芸員実習生受入について(PDF形式 113キロバイト)

    ※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き八王子市のサイトを離れます)が必要です。

    このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

    生涯学習スポーツ部文化財課郷土資料館
    〒192-0902 八王子市上野町33 
    電話:042-622-8939 
    ファックス:042-627-5919

    お問い合わせメールフォーム