現在の場所 :
トップ > 担当窓口から探す > 医療保険部 > 保険年金課 > 被扶養配偶者でなくなったとき

被扶養配偶者でなくなったとき

更新日:

ページID:P0003593

印刷する

第1号被保険者への「種別変更の手続き」をしてください。

離婚したとき、収入が増えたとき、配偶者が会社を退職したときなど、第3号被保険者でなくなったときは、第1号被保険者への「種別変更の手続き」が必要です。

手続き場所

持参するもの

本人が手続きする場合に必要なもの

  • 年金手帳 (または基礎年金番号がわかるもの)
  • ご本人確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート等)
  • 扶養家族で無くなった日の確認できる書類、または配偶者の退職した日の確認できる書類など

同世帯の方が手続きする場合に必要なもの

  • 対象となる方の年金手帳(または基礎年金番号がわかるもの)
  • 窓口にお越しの方のご本人確認ができるもの (マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート等)
  • 扶養家族で無くなった日の確認できる書類、または配偶者の退職した日の確認できる書類など

その他の方が手続きする場合に必要なもの

  • 対象となる方の年金手帳(または基礎年金番号がわかるもの)
  • 窓口にお越しの方のご本人確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート等)
  • 扶養家族で無くなった日の確認できる書類、または配偶者の退職した日の確認できる書類など
  • 委任状

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(国民年金担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7238 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム