現在の場所 :
トップ > 市政情報 > 八王子市プロフィール > 市長の部屋 > 市長からのメッセージ

市長からのメッセージ

更新日:令和3年1月1日

ページID:P0005894

印刷する

新型コロナウイルス感染症対応に関する市長から市民の皆様へのメッセージ

市長から市民の皆様へのメッセージ

市長コラム

市長コラム(「広報はちおうじ」毎月1日号に掲載)

市長挨拶

石森市長写真

八王子市のホームページにようこそ。

市長の石森孝志(いしもり たかゆき)です。

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るい、国内外における外出や移動の制限、休業要請などにより、人々の生活や世界経済に過去に例を見ない深刻な影響が及んでいます。
本市においても、令和3年度には、リーマンショック後を上回る過去最大の税収減が見込まれており、地域経済への影響も長期化が避けられない状況です。

しかし、私は、このピンチをチャンスに変えるべく、創意工夫を凝らして市民の皆様の暮らしを守りながら、未来を見据えたビジョンを描き、将来の八王子の発展に向けて取り組んでいく必要があると考えています。
現在、本市では、2040年を見据えた長期ビジョンの策定が本格化しています。「地域づくり」の機運を高め、地域の皆様の意見をビジョンに取り入れるとともに、次代を担う若手職員で構成するプロジェクトチームを中心に職員の力も総動員して、オール八王子で未来の設計図を描いてまいります。

また、昨年には、「『霊気満山 高尾山』~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~」のストーリーが、都内で唯一の日本遺産に認定されました。これは、ミシュラン三つ星観光地の「高尾山」に代表される豊かな自然をはじめ、長い歴史とそれに育まれた伝統や文化が高く評価されたものであり、本市の魅力を国内外に発信する大きなチャンスとなります。
多摩地域のMICE拠点という強みも活かしながら、文化、芸術、産業、観光など様々な分野の方々と連携を図り、街の活性化につなげていきたいと思います。

今後も、大学や企業が集積し、交通の要衝であることなど、恵まれた地域資源を最大限に活かしながら、次代を担う子どもたちへの支援や、幼児教育・学校教育の充実などによる「ひとづくり」と、東京都多摩産業交流センターの完成にあわせた旭町・明神町地区の再開発、八王子駅南口集いの拠点や川口物流拠点の整備など、地域のにぎわいや経済の活性化を図る「まちづくり」をバランスよく進めてまいります。

新型コロナウイルス感染症への対応は続きますが、市民の皆様の健康と暮らしを守り抜くため、先頭に立ってこの難局に臨むとともに、「いつまでも八王子に住み続けたい」と思っていただける「夢と希望が持てるまち」の実現を目指し、引き続き全力で市政運営に取り組んでまいります。


令和3年(2021年)1月

市長サイン