現在の場所 :
トップ > よくある質問から探す > 保健衛生・医療 > 医療 > 脳脊髄液減少症とは、どんな病気ですか。

脳脊髄液減少症とは、どんな病気ですか。

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000870

印刷する

保健衛生・医療に関する よくある質問

質問 脳脊髄液減少症とは、どんな病気ですか。

回答

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは、交通事故、スポーツ外傷、転倒、出産など体への衝撃によって脊髄の硬膜が破れ、脳脊髄液が漏れだし、頭痛やめまい、全身倦怠感など様々な全身症状が現れる疾患と言われています。診断や治療法確立のため国の研究班において医学的な解明が進められているところです。ブラットパッチという硬膜外自家血注入療法が先進医療として開始されました。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部保健対策課
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5162 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム