現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 健康 > 健康づくり事業のご案内(大横保健福祉センター)

健康づくり事業のご案内(大横保健福祉センター)

更新日:令和2年5月28日

ページID:P0011820

印刷する

生活習慣病の発症や悪化等を予防しましょう。

新型コロナウイルス感染症の影響により、外出の自粛が続き、

運動不足や食生活の乱れ、生活習慣病の発症や悪化等の健康二次被害のリスクが高まります。

この時期を乗り越えるために、健康を維持できるような運動・食生活のポイントを紹介します。

(1)運動のポイント

家の中では、座っている時間をできるだけ減らし、こまめに体を動かしましょう。

八王子けんこう体操など、家の中でも気軽にできる運動がおすすめです。

〈自宅でできるおすすめの運動〉

からだスッキリ☆みんなニッコリ!八王子けんこう体操

緊急事態宣言下の運動不足解消法「アクティブ体操」(公益財団法人 健康・体力づくり事業財団)(PDF形式 812キロバイト)

また、屋外で行うウォーキングやジョギングについては、生活の維持のために必要なものと

されています。

以下の「安全に運動・スポーツをするポイント」を踏まえ、感染の防止、周囲の人へ配慮しながら

実践しましょう。

安全に運動・スポーツをするポイントは?(スポーツ庁)(PDF形式 227キロバイト)

(2)食生活のポイント

新型コロナウイルス感染症の影響により、普段とは違う生活を過ごす中で、

食生活の乱れが懸念されます。

カップ麺やみそ汁などの食品を活用する場合は、塩分が高めのものが多いので、

スープの素を半分くらいにして作るなどの工夫をおすすめします。

特定の食品をとるのではなく、一日三食バランスよく食べることが大切です。

大横保健福祉センターでは、運動や食事などの生活習慣に関する相談を、

保健師・管理栄養士がお受けしています。

詳しくは下記の「健康づくり事業のご案内」をご覧下さい。

また、自粛期間中の生活における注意点(食事・運動・心のバランス)についてもまとめています。

外出自粛期間中の生活について(運動・食事・心のバランス)(PDF形式 1,378キロバイト)

(3)在宅時の健康生活応援チェック表

家で実行できる一日の行動目標(運動・栄養・ストレス・健康管理)のチェック表です。

まずは1週間チャレンジしてみましょう。

在宅時の健康生活応援チェック表「本日の8ミッション」(東京都健康長寿医療センター)(PDF形式 1,442キロバイト)

令和2年度(2020年度)健康づくり事業のご案内(大横保健福祉センター)

大横保健福祉センターでは、健康診断の結果や、生活習慣を改善したい方には、

個別の健康相談を実施しています。

保健師・管理栄養士がデータを見ながら、一緒に改善策を考えます。

(血糖値・コレステロール・中性脂肪・血圧の改善のアドバイス、禁煙相談など)

血圧測定、体重・体脂肪測定もできますので、ぜひご利用ください。

栄養相談の際、3日分の食事記録をお願いしています。

参考に食事記録を添付してありますので、ご活用ください。

健診データ改善相談(PDF形式 272キロバイト)

※健診データー改善相談は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、

面接での相談を中止しておりましたが、令和2年6月から再開いたします。

電話でのご相談も受け付けています。

食事記録用紙(PDF形式 113キロバイト)

地図(PDF形式 303キロバイト)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部大横保健福祉センター(保健担当)
〒192-0062 八王子市大横町11-35
電話:042-625-9200 
ファックス:042-627-5887

お問い合わせメールフォーム