船田石器時代遺跡

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005257

印刷する

船田石器時代遺跡

船田石器時代遺跡石碑

昭和2年(1927年)の発掘調査で発見された、縄文時代後期の敷石住居跡です。発見された住居跡は1軒のみでしたが、当時としては大変貴重であったために翌年に国史跡に指定されました。
住居は直径5メートルほどの範囲に扁平な川原石を敷いたもので、中央に直径60センチほどの炉があり、土器が埋められていました。現在は長房児童館北側に埋め戻されていますが、広場として約1,200平方メートルが保存され、東側に石碑が建っています。

指定年月日

昭和3年(1928年)1月18日

所在地

東京都八王子市長房町360の一部

指定面積

1,218平方メートル

交通アクセス

JR西八王子駅から京王バス「長房団地」または「城山手」行きで、バス停「児童館前」下車すぐ。

地図

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム