現在の場所 :
トップ > 各種コンテンツ > 広報「はちおうじ」 > 広報紙に連載のコラム > フォーカスはちおうじ人~このまちで輝く人

フォーカスはちおうじ人~このまちで輝く人

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0007665

印刷する

3月15日号 家具デザイナー・木工芸家 伊藤 洋平(いとう ようへい)さん

こだわりの品を届けたい

伊藤洋平さん 

 「そのひとの生活を支えるだけでなく、オブジェとして空間を飾る。そんな家具を作りたい」。英国仕込みの技術を駆使して、シンプルかつ洗練されたデザインの家具を次々と生み出す。今注目される家具デザイナーのひとりが伊藤さんだ。
 高校生まではサッカー漬けの毎日。転機は、近所に家具職人が引っ越してきたことだった。「プラモデルやラジコンなど、何かを作るのが大好きな子どもでした。木材から自在に家具を作り出す職人の技を間近で見て、憧れを抱くようになりましたね」。
 想いが募り、高校卒業後に渡英。大学や専門学校などで家具づくりを6年間学んだ。感じたのは、技術だけでなく、木の特徴を活かしたデザインの大切さだったという。「色や硬さ、木目や肌触りなど、木材ごとの持ち味はさまざま。それらを取り入れて、個性やリズムを生み出す。そこにデザイナーとしての楽しさを感じます」。
 デザイナーとして活躍する一方、現在は市内の家具製作学校で代表を務める。ワークショップの開催など、木工の魅力を広げる活動にも熱心だ。「八王子には家具の材料となる木材が豊富にあります。子どもから大人まで、家具づくりや木工を楽しめる『家具のまち』にできたら」。

<プロフィール>
 市内の専門学校での講師などを経て、平成22年に八王子現代家具工芸学校を開校。また、今年2月には「八王子観光PR特使」に就任。八王子の魅力を市内外に発信している。


2月15日号 八王子実践高等学校女子バレーボール部 住田 帆志乃(すみだ ほしの)さん

ボールをつなぐ チームの絆

住田帆志乃さん 

 初めてのセンターコート、仲間の掛け声、緑色の「実践カラー」に染まる応援スタンド――「あの光景は絶対に忘れられません」。そう話すのは、八王子実践高等学校の主将・住田さん。1月に行われた春の高校バレーで、チームは全国3位に輝いた。
 小学2年生の時、なにかスポーツをしてみたいと気軽に始めたバレーボール。今では「青春のすべて」になった。「バレーボールはひとりではできないからこそ、喜びも悔しさも全部、仲間と分かち合える。そこが一番の魅力です」。
 全国屈指の強豪として知られる女子バレーボール部。部員は全員一年生から親元を離れて寮生活を送る。時にぶつかり合いながらも、ともに過ごしたメンバーは家族以上の存在だ。そうして築き上げた信頼関係は、持ち味である「コンビバレー」の礎になっている。「うちにはスーパースターはいない。その代わりに、チームのみんなが主役です。チームワークを武器に勝ち進むことができました」。
 4月からは大学に進学。仲間とも離れ離れになる。「寂しいけれど、今までの経験を自信に頑張ります。この先もずっと、バレーボールに関わっていけたら」。新たなステージの幕開けはすぐそこだ。

<プロフィール>
 八王子実践高等学校3年生。創部60年の歴史を誇る女子バレーボール部で主将を務め、1月に行われた全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)で第3位に輝いた。


1月15日号 野口染物店 野口 和彦(のぐち かずひこ)さん

藍色に魅せられて

野口和彦さん 

  江戸末期から続く伝統の技法によって生まれる鮮やかな藍色。反物の表と裏に付けられた細かな和柄には、手仕事ならではの味わいが残る。野口和彦さんは、父・汎(ひろし)さんとともに、藍染めの反物を作っている。
 家業を継ぐことを決めたのは、大学を卒業してから。ここでしか出せない藍色を求める人々の声に背中を押された。「父には企業への就職を勧められました。でも、出来上がりを楽しみにしてくれる人たちのためにも、そして何より私自身が大好きなこの色を絶やしたくないと思ったんです」。
 汎さんは「染め」を、和彦さんは生地に模様を付ける「型付け」を担当している。生地の両面に寸分違わず柄を付ける技法は、今では全国的にも希少な技術。父の背中を追いかけ、日々試行錯誤を続けている。「型付けに使うのりや生地を染める藍は、温度や湿度に影響を受ける、まさに生きもの。状況に合わせた『いい加減』を身体で覚えるしかないんです」。
 工房では、今日も親子二人三脚で反物が作られている。「藍染めの浴衣は高価な品。だからこそ、親から子へ、大事に受け継がれるものを作っていきたいですね」。

<プロフィール>
 中野上町在住。創業から200年以上の歴史を持つ野口染物店の7代目。細かな柄を生地の両面に型付けし、鮮やかな藍色を浮かび上がらせる。


フォーカスはちおうじ人バックナンバー

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

都市戦略部広報課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7228 
ファックス:042-626-3858

お問い合わせメールフォーム