障害福祉サービス事業者等の指導監査について

更新日:

ページID:P0004107

印刷する

指導監査

目的

指導監査は、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」や本市の基準条例等の関係法令に基づき、障害福祉サービス事業者等の適正な事業運営と利用者保護等の視点から、障害福祉サービスの質の向上や支給の適正化を図るため、助言や指導等を行います。

要綱

実地検査及び監査等の目的、実施方法及び検査後の取扱い等について定めています。

実施方針

令和3年度(2021年度)における実地検査等の基本方針、重点項目及び実施方法等を示しています。

集団指導

障害福祉サービス事業者等に対し、過去の実地検査における指導事例などについて、一定の場所に集めて講習等の方法により行う指導です。
こちらのページに、集団資料の資料等を掲載しています。 

参考様式

実地検査

実地検査とは

障害福祉サービス事業者等の事業所において関係書類等を閲覧し、関係者からの面談方式で行う検査です。 

指導検査基準

障害福祉サービス事業等における各検査項目の基本的な考え方(観点)、評価区分等は以下のとおりです。

  1. 障害福祉サービス
  1. 障害者支援施設
  1. 相談支援
  1. 障害児支援

障害者支援施設等調査書

各事業所の事業内容等を把握するため、施設等調査を実施しています。

実地検査準備書類

実地検査の事前準備書類等の様式は、以下のファイルからダウンロードできます。

改善状況報告書

改善状況報告書の様式は、以下のファイルからダウンロードできます。

検査の実績

検査の実績として文書指摘事項の有無及びその改善状況等について、以下の検査結果一覧のとおり掲載します。

令和2年度(2020年度)実績

令和元年度(2019年度)実績

平成30年度実績

平成29年度実績

平成28年度実施

平成27年度実施

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部指導監査課 障害担当
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7470 
ファックス:042-622-7018

お問い合わせメールフォーム