障害者地域自立支援協議会

更新日:平成28年10月9日

ページID:P0014190

印刷する

障害者地域自立支援協議会

誰もが、障害の有無、年齢、性別を問わず、地域社会でともに支えあい、安心して暮らせるまちづくりを目指し、保健、医療、福祉、教育、労働などの分野で様々な人や機関と連携し、相談支援体制の充実などを図り、本人の意向に基づいた必要な支援を受け、生涯すべての場面において、自立した日常生活を営むことができる社会を構築するための協議の場として、「八王子市障害者地域自立支援協議会」を平成23年3月に設置しました。


障害者地域自立支援協議会(全体会)開催状況

運営会議開催状況

地域自立支援協議会全体の運営・方向性などを検討する場として設置しました。(協議会の舵取り役です。)


障害者差別禁止条例案検討部会

障害者地域自立支援協議会の下部組織(部会)であり、平成22年12月議会で「障害がある人もない人も、子どもも、公平で誰もが安心して暮らせるまちを実現させるための条例」(障害者差別禁止条例)に関する請願が全会派一致で可決されたことを受け、条例案の基本構想(構成内容の骨子)を作成し、市長へ意見を提出することをを目標として設置されました。
検討部会では、障害者権利条約、さいたま市や千葉県などの条例、請願の提出者である八王子障害者の条例を考える会が作成した条例案などを比較検討し、八王子市としての条例案策定に向け、検討しました。
平成23年5月12日から平成23年8月18日の間で10回検討部会を開催(別紙スケジュール参照)したほか、庁内の関係所管への説明会や教育、交通、建物(バリアフリー)関係の所管と障害者福祉課が個別に打合せを行い、部会へ報告しました。
また、関係所管に直接部会への出席を依頼し、市の考え方についての説明をお願いしました。


障害者差別禁止条例案検討部会の解散

障害者差別禁止条例案検討部会は、5月から8月の間、10回にわたり検討部会を開催し、8月に自立支援協議会会長から市長へ中間報告として部会の条例案を提出し、9月に実施した市のパブリックコメントを経て、再度検討を重ね、10月最終報告を市長に提出しました。
その後、市では、庁内の関係部署等と調整し、平成23年第4回市議会定例会に「障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくり条例」(障害者差別禁止条例)として上程し、全会派一致で採択されました。
平成23年12月15日に「障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくり条例」が公布されたことを受け、障害者差別禁止条例案検討部会は、12月20日に解散となりました。
なお、障害者差別禁止条例案検討部会に変わり、条例の市民周知などの普及啓発等を検討する障害者権利擁護推進部会を新たに立ち上げました。


会議録

各部会の活動状況等について

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部障害者福祉課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7245 
ファックス:042-623-2444

お問い合わせメールフォーム