現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 産業・仕事 > 中心市街地の活性化 > 八王子市空き店舗改修費補助金 > 八王子市空き店舗改修費補助金

八王子市空き店舗改修費補助金

更新日:令和2年4月1日

ページID:P0006356

印刷する

八王子市空き店舗改修費補助金(令和2年度(2020年度))

※申請方法の変更について(新型コロナウイルス感染症の拡大防止)※

補助金の交付申請につきましては、窓口での申請書の提出をお願いしているところですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当面の間、郵送による交付申請書の提出も受け付けます
なお、補助金の交付申請を行う際は、窓口・郵送いずれの場合にも、申請する内容を確認させていただくため、あらかじめ電話にて市街地活性課までご連絡をお願いします。           

akitenpo

八王子市の「中心市街地」にある空き店舗を活用して出店し、中心市街地の活性化・にぎわいの創出に寄与する取組を行う事業に対し、店舗の改修にかかる経費の一部を補助するものです。

※注意事項※

  • 補助事業を開始する前(工事に着手する前)に、申請~審査~交付決定を完了している必要があります。交付決定がされていない事業は補助金交付の対象にはならないのでご注意ください。
  • 当該年度の予算がなくなり次第、年度内の申請受付は終了となります。
  • 当該年度末(令和3年3月31日)までに工事が完了し営業を開始できるもので、かつ補助金交付額を確定できる工事が対象となるため、申請の受付は令和3年2月頃までとさせていただきます。
  • 補助金の申請を検討されている方は、事前に市街地活性課までご相談ください。なお、事前相談は補助をお約束するものではありませんのでご注意ください。
  • 申請内容に偽りがあった場合や、八王子市空き店舗改修費補助金交付要綱に違反した場合は、補助金の全部又は一部を返還していただくことがあります。
  • 補助金の交付には要件があります。詳細は下記の内容や補助金交付要綱を必ず確認してください。

補助対象経費

  • 解体工事費
  • 外装・内装工事費、設備(水道、電気、ガス、空調)工事費(建物への設置工事が必要となる機器等の購入を含む)
  • 設計費
  • 補助対象者(申請者)が自ら店舗改修を行う場合の資材等の購入費

※本補助金以外の補助金等を活用した経費は対象としません。

補助限度額

50万円又は実際に要した費用のいずれか少ない額

補助対象者

次のいずれかに該当する者
⑴  中小企業基本法第2条に基づく中小企業者又は各種団体
⑵  商店街組織

ただし、以下のいずれかに該当する場合は補助対象者から除外します。

  • 風俗営業法の対象となる営業を行う者、政治活動、宗教活動を行う団体
  • 自ら店舗経営を行わない者
  • 交付申請以前に空き店舗の改修工事を開始している者
  • 市税を滞納している者
  • 営業を行うための許認可その他法律に基づく資格が必要な場合において、当該許認可や資格を取得する見込みがない者
  • 代表者又は役員が、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終えるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 暴力団対策法第2条第6号に規定する暴力団員である者
  • 空き店舗所有者、当該所有者と生計を同一にする者及び当該所有者の2親等以内の者並びにこれらの者が所属する法人その他の団体
  • 中心市街地で店舗を移転する者。ただし、移転理由がやむを得ないものであると市長が認める場合を除く
  • その他市長が不適切と認める者

補助対象業務

⑴  小売業、飲食業及びサービス業
⑵  中心市街地のまちづくりに寄与する業務

※法令に違反する業務、公序良俗に反する業務、政治活動・宗教活動にかかわる業務は補助対象になりません。

補助要件

⑴  3年以上継続する見込みがあること
⑵  本補助金の交付決定を受けた会計年度の末日までに営業を開始すること
⑶  週4日以上の営業を行うこと
⑷  午前9時から午後5時までの間に1時間以上営業を行うこと
⑸  中小小売商業振興法第4条第5項に規定する連鎖化事業(フランチャイズチェーン方式)でないこと

改修施工者

本補助金事業では、改修工事の施工は市内に住所又は事務所を有する業者へ請け負わせることとしています。また、補助対象者が自ら改修を行う場合は、市内に住所又は事務所を有する者から資材等を購入することとしています。

※ただし、補助対象者が本市に住民登録している場合は上記の規定は除外します。

補助対象とする空き店舗

中心市街地にあり店舗として活用できる物件で、1か月以上利用されていないもの、新築後一度も入居のないものは、建物竣工日から1年以上経過しているものとします。

ただし、以下に掲げるものは除きます。

  • ショッピングセンター、大型商業施設内のテナント型のもの
  • 店舗面積が500平方メートルを超えるもの
  • 住居を兼ねるもの

<中心市街地とは>
甲州街道北側100メートルに位置する道路(東側の高校敷地等を除く)、かえで通り、子安公園通り、国道16号及び八幡町境で囲まれた区域。特に甲州街道とは、国道20号の「明神町」交差点から「本郷横丁東」交差点までの区間を指します。(下記地図参照)

              対象空き店舗地図

交付申請方法

⑴  八王子市空き店舗改修費補助金交付申請書、事業計画書、空き店舗確認書、誓約書に内容を記入、その他必要な書類を添付し市街地活性課窓口に提出してください。
⑵  本課において、提出書類に不備がないか、追加で必要となる書類の有無等の確認を行います。
⑶  審査基準により書類の内容を審査し、交付又は不交付の決定をします。(審査の際、審査員からの質問がある場合には質問書を送付するので期限までに回答してください)
⑷  交付又は不交付の決定通知書を送付します。交付決定の場合は、交付決定通知書を受領後、改修工事を開始してください。

提出書類の一覧や詳しい内容につきましては、補助金交付要綱をご覧ください。

補助金交付の流れ

補助金交付までの大まかな流れは、以下のとおりです。

スケジュール

空き店舗改修費補助金の流れ(PDF形式 225キロバイト)

Q&A

R2空き店舗改修費補助金 Q&A(PDF形式 298キロバイト)

要綱等

R2八王子市空き店舗改修費補助金交付要綱(PDF形式 325キロバイト)

※以下の規則についても、必ずご覧ください。
補助金等の交付の手続等に関する規則(昭和35年5月16日規則第19号)(PDF形式 166キロバイト)

様式類

交付申請時に必要な書類

第1号様式(交付申請書)(ワード形式 25キロバイト)
第2号様式(事業計画書)(エクセル形式 37キロバイト)
事業計画書(記入例)(エクセル形式 42キロバイト)
第3号様式(空き店舗確認書)(ワード形式 15キロバイト)
第4号様式(誓約書)(ワード形式 19キロバイト)

※市に提出された交付申請書等は、書類確認を行ったうえで、以下の観点から内容審査を行います。
内容審査の観点(PDF形式 256キロバイト)

実績報告時に必要な書類

第10号様式(実績報告書)(ワード形式 22キロバイト)
第11号様式(補助事業収支等報告書)(エクセル形式 17キロバイト)

補助金の交付請求時に必要な書類

第14号様式(交付請求書)(ワード形式 15キロバイト)

実施状況の報告時に必要な書類(実施状況の報告は3年間です)

第17号様式(業務等実施状況報告書)(エクセル形式 31キロバイト)

その他必要があるときに使用する書類

空き店舗情報

市内商店街空き店舗情報

市内商店街空き店舗情報及び都内商店街の空き店舗に関する情報については、下記リンクからご覧ください。

市内商店街空き店舗情報

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

拠点整備部市街地活性課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7305 
ファックス:042-627-5931

お問い合わせメールフォーム