現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 生活・環境・交通・住宅 > 生活 > テレビ・地上デジタル放送 > 地上デジタル放送について(地デジ) > 八王子市は無料でUHFアンテナを建ててくれたのですか。

八王子市は無料でUHFアンテナを建ててくれたのですか。

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000846

印刷する

生活・環境・交通・住宅に関する よくある質問

質問 八王子市は無料でUHFアンテナを建ててくれたのですか。

回答

地上デジタル放送が開始される以前に、地上アナログテレビ放送の受信対策として利用している「八王子中継局(ひよどり山)」および「多摩中継局(多摩市)」の放送チャンネルの引越し作業を行い、現在はその作業を終了しています。
このチャンネル引越しにともなって、テレビのチャンネル設定変更作業と、アンテナの調整や交換が必要になることから、この対象となった世帯には、総務省から事前に、設定作業を申込むか自分で設定するか、という問い合わせを文書で行っています。
この問い合わせが無かった世帯は、その当時、UHFアンテナが建てられていなかった(共同受信を含む)、VHFアンテナで東京タワーからの電波を受信していた、ケーブルテレビをご利用になっていたことになります。
実際に作業は総務省から委託を受けた専門業者が該当世帯を1軒ずつ訪問し、UHFアンテナを新しく交換したり、向きを変えるなどして対策を実施しました。このアンテナ交換作業のことが、「市役所で無料でUHFアンテナを建ててくれた」という噂話に変わってしまい、そのようなお問い合わせを数多くいただいている状況です。市では各家庭のUHFアンテナを無償で建て替えるなどは実施しておりません。また、地上デジタル放送を受信するために総務省がアンテナを交換したものでもありません。あくまでも、地上アナログ放送の中継局の電波を受信されていた方だけが対象の工事です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

行財政改革部情報管理課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7444 
ファックス:042-627-5939

お問い合わせメールフォーム