有害大気汚染物質

更新日:平成28年12月14日

ページID:P0007189

印刷する

有害大気汚染物質とは

有害大気汚染物質とは、大気汚染防止法に「継続的に摂取される場合には人の健康を損なうおそれがある物質で大気の汚染の原因となるもの」と定義されており、既に大気汚染防止法で規制対象となっている「ばい煙」と「特定粉じん」を除くと規定されています。該当する可能性のある物質としては248物質、その中で23物質が優先取組物質として選定されています。なお、平成9年にベンゼン、トリクロロエチレン及びテトラクロロエチレン、平成11年にダイオキシン類、平成13年にはジクロロメタンによる大気汚染に係る環境基準が告示されています。

有害大気汚染物質測定結果

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課(大気汚染対策担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7217 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム