自殺対策の普及啓発

更新日:

ページID:P0002731

印刷する

9月と3月は自殺対策強化月間です

 自殺に追い込まれるという危機は、誰もが当事者となり得る重大な問題です。また、今般、新型コロナウイルス感染症による影響等で、自殺のリスクの高まりが懸念されています。

八王子市では、毎年9月と3月を自殺対策強化月間に位置付け、ポスターやチラシ、CM等を活用して普及啓発活動を行うとともに、自殺予防のためのさまざまな取組を行っています。

身近な方の様子がいつもと違うとき

自殺対策の取組の一つとして、悩みを抱えた方を専門の相談窓口などの支援につなげる「ゲートキーパー」の役割や、自殺を思い止まった方の体験談などを紹介する動画「今、いのちを守るために」を公開しています。

番組の後半で流れるCMは、明星大学デザイン学部の学生の協力を得て、自殺対策について若者目線で一緒に考えてもらいながら制作しました。ゲートキーパーの存在、気づく、寄り添う、繋げることの大切さを伝える内容になっています。

メンタルチェックシステム「こころの体温計」

こころの体温計(イメージ図)

「こころの体温計」とは、携帯電話やパソコンを利用して、ストレスや落ち込み度といったこころの状態をチェックできるシステムです。

click ☞「こころの体温計」でメンタルチェックしませんか

こころの健康相談 (精神福祉保健相談)

心の病気に関する悩みを抱えていらっしゃる本人、ご家族、関係者を対象に健康相談を行っています。

こころの健康相談 (精神福祉保健相談)

その他相談窓口

自殺相談ダイヤルをご紹介します。様々な悩みを受け止め、解決に向けて必要な相談機関へつなぐなどの総合的な対応をします。
「ひとりで悩まないで、もっとあなたの声を聴かせてください。」

相談窓口

当事者からのメッセージ

新たに東京精神科病院協会と連携して普及啓発品を制作しました。

絵画デザインは、自殺を思いとどまった経験がある当事者の方の作品で、自殺を思い悩む人へのメッセージが添えられています。

R2普及啓発ポスター

「あなたも誰かもひとりにしないで」

八王子市保健所では、自殺対策強化月間に看板掲示による普及啓発を行っています。

掲示した看板は、明星大学デザイン学部デザイン学科(萩原修教授、渋谷和良教授)の学生の協力を得て制作しました。デザインやキャッチコピーには、学生の自殺対策に対する様々な『想い』が込められています。

保健所看板写真2.

「自殺防止!東京キャンペーン」

www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/tokyokaigi/torikumi/campain/index.html

(外部リンク)東京都保健福祉局

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部(八王子市保健所)保健対策課 地域保健担当
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5196 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム