どうして野菜摂取と減塩なの?

更新日:

ページID:P0028503

印刷する

いま、生活習慣病予防が大切です!

八王子市の健康課題は生活習慣病です

yりぇryd

八王子市の死因別死亡割合をみると、生活習慣病が約6割を占めています。生活習慣病とは、がん、心疾患(心筋梗塞など)、脳血管疾患(脳梗塞など)などの疾患のことをいい、高血圧、高血糖、高コレステロールなどが関連しています。

生活習慣病の予防には望ましい生活習慣(食事・運動・休養)を身に付けることが大切です。

特に、食事の面では、バランス良く食べることに加えて「野菜を1日350g以上食べること」「塩分を控えること」がポイントです。

野菜・塩分摂取の現状

摂取量

野菜摂取の目標値350g以上(成人、1日当たり)に対して約70~80g不足しています。

塩分摂取においては、男性、女性ともに、しょうゆ 約小さじ2~3杯分の過剰摂取となっております。

これは、全国的な数値で、八王子市も例外ではありません。

野菜を食べる効果や塩分の過剰摂取による影響、日常生活でのポイントを紹介しています。

野菜を食べよう!

なぜ減塩が必要なの?

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部(保健所)健康政策課 健康づくり担当
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5112 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム