現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健所 > 動物衛生 > 動物愛護 > 平成26年度いのちの教育実施状況

平成26年度いのちの教育実施状況

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0002976

印刷する

第二小学校

実施クラス:1年1組及び2組
講師:1年1組 畠山 雅子(東京都動物愛護推進員) 1年2組 対馬 美香子(東京都動物愛護推進員)

プログラム1 私たちと動物との関わり

実施日:平成27年1月23日(金曜日)

平成26年度は、一年生を対象に実施しました。4月に入学した1年生が、普段とは違う英語室で動物に関係する内容となり、始まる前から児童のみなさんはわくわくした様子でした。
それぞれの動物のすみかを分ける時は、児童の皆さんから色々な意見が出て、クラスごとに動物のすみかが違いましたが、人間と動物のつながりについて理解を深めることができました。

真剣に説明を聞く児童の様子

動物のすみかについて、真剣に説明を聞く児童のみなさん


グループで話し合う様子

グループで話し合い、動物のすみかを分けています


発言する様子

人間のみんなにとって、普段楽しいことを発言する様子


元気よく手をあげる様子

人間と動物のつながりについて、元気よく手をあげました

プログラム2 動物と私たちの「いのち」は同じ

実施日:平成27年2月6日(金曜日)

授業としても2回目となるプログラム2は、最初から和やかな雰囲気でスタートしました。プログラム1の振り返りでは、児童の皆さんもしっかり覚えていて、みなさん積極的に手を挙げ、発言していました。
命があり生きていることのあかしを、児童それぞれが自分の言葉で考え発言し、動物も人間も同様に気持ちや感情があることを再認識しながら、あらゆる動物が人とつながっていることを学びました。

積極的に発表しようとするみなさんの様子

生きているとはどういうことか、積極的に発表しようとするみなさん


心臓の音を聞く様子

生きている証拠である心臓の音を聞きました


ホワイトボードに書く様子

動物の気持ちを考えて、ホワイトボードに書きました


発表する様子

自分で考えた動物の気持ちを発表する様子

プログラム3 動物のために私たちができること

実施日:平成27年2月20日(金曜日)

最終回となるプログラム3では、ペットとしての動物、家畜としての動物、野生の動物、それぞれの動物に対して人間がしてあげられることを話しました。
ペットには家族の一員として愛情をもってやさしくすること、家畜には感謝の気持ちを忘れないこと、野生動物には自然を大切にすることを約束しました。
児童の皆さんは動物の気持ちを考えることで、相手に対する思いやりの気持ちを学びました。

考える1組のみなさんの様子

動物たちとの約束を考える1組のみなさん


動物たちとの約束の発表の様子

動物たちとの約束を発表する様子


考える2組のみなさんの様子

動物たちとの約束を考える2組のみなさん


ヒントをだす講師の様子

野生動物との約束についてヒントをだす講師

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部生活衛生課
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5111 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム