現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 関連文化財群「はちおうじ物語」 > 其の九 季節を彩る年中行事と伝統文化

其の九 季節を彩る年中行事と伝統文化

更新日:

ページID:P0026972

印刷する

どのような思いで伝統文化やお祭りは受け継がれている?

八王子には、個性豊かな獅子舞や八王子車人形などの伝統芸能が継承され、関東屈指の山車まつりといわれる八王子まつりをはじめとする、今も昔も人々の熱気が集結するお祭りが、各地域で行われています。こうした伝統文化は、伝承者や担い手なくしては成り立ちません。そこにはどのような思いがあるのか、読み解いてみましょう。


  
八王子まつり
八王子まつり

市内各地では、郷土の誇るお祭りや伝統芸能が継承され、各家庭では、今も大切にされている様々な年中行事があり、私たちは、歴史や文化を身近に感じながら暮らしています。
八王子に古くから伝わる9つの獅子舞は、五穀豊穣や雨乞いを願って神社に舞を奉納してきました。江戸時代中ごろには、宮大工たちが八王子独自の彫刻山車を造り、お祭りを彩る山車文化を築き、8月上旬に行われる八王子まつりでは各町内の山車が曳かれ、多くの人々で市街地がにぎわいます。幕末から明治にかけて、庶民の娯楽として車人形が八王子や周辺の村々に広まりました。これらの伝統文化は、町内・自治会や保存会、子ども会などによって継承されています。
 永福稲荷神社のしょうが祭など祭礼の場で奉納される縁起を担ぐ食物は、厄除けや無病息災を願う人々によって脈々と受け継がれています。八王子のお祭りや伝統芸能は時代により様々に変化しながら、人々の思いと共に現在に伝えられています。

芸能・祭り
  
獅子舞・年中行事
※画像をクリックすると拡大します

主な構成文化財
 文化財の保存・活用事例

関連ファイル

はちおうじ物語 其の九 季節を彩る年中行事と伝統文化(PDF形式 9,364キロバイト)

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き八王子市のサイトを離れます)が必要です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム