現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 国保・後期高齢者医療・年金 > 後期高齢者医療制度 > 給付について > 高額療養費及び限度額認定証について

高額療養費及び限度額認定証について

更新日:平成29年8月1日

ページID:P0020209

印刷する

窓口支払いの医療費が高額になったときは(高額療養費)

外来診療における窓口支払いの負担を軽減するため、負担割合や所得区分に応じて自己負担の限度額が決められています。
1ヵ月の医療機関などに支払った一部負担金が自己負担限度額を超えた場合は、超えた額が払い戻されます。

(注1)病院、診療所、歯科の区別なく少額の自己負担も含め合算します。
(注2)該当する方には診療月の4ヵ月から5ヵ月後に、東京都後期高齢者医療広域連合から通知いたします。初回申請の方は、通知が届きましたら振込先指定の書類をご返送ください。

1か月の自己負担限度額について(外来)

外来診療における一部負担金の限度額は次のとおりです。

負担割合 所得区分 負担限度額
※個人ごとに計算
3割 現役並み所得 57,600円
1割 一般 14,000円
住民税非課税等
区分1、2
 8,000円

※区分1:住民税非課税世帯で、世帯全員が年金収入80万円以下でその他の所得がない方、または老齢福祉年金を受給している方
※区分2:世帯全員が住民税非課税で、区分1以外の方
(1,2はローマ数字)

1か月の自己負担限度額について(外来+入院)

外来と入院にかかる一部負担金の限度額は次のとおりです。

負担割合 所得区分 負担限度額
※個人ごとに計算

3割

現役並み所得 80,100円+ (10割分の医療費-267,000円) × 1%
1割 一般 57,600円
住民税非課税等
区分2
24,600円

住民税非課税等
区分1

15,000円

※区分1:住民税非課税世帯で、世帯全員が年金収入80万円以下でその他の所得がない方、
または老齢福祉年金を受給している方
※区分2:世帯全員が住民税非課税で、区分1以外の方
(1,2はローマ数字)

  課税世帯の方は、いままでどおり被保険者証を窓口に提示するだけで、同一月同一医療機関等においての自己負担限度額を超える窓口負担がなくなります。

  非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」(限度額認定証)を窓口で提示することで、同一月同一医療機関等において8,000円を超える窓口負担がなくなります。
限度額認定証を提示しない場合は、14,000円を超える窓口負担がなくなり、後日8,000円を超えて支払った分が高額療養費として支給されます。

医療機関によっては上記の対応ができない場合もありますのでご留意ください。
窓口において自己負担限度額を超える支払いをされた場合は、限度額超過分が後日高額療養費として支給されます。

限度額認定証(後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証)

世帯全員が住民税非課税の場合、申請交付された限度額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)を医療機関に提示することで、同一月同一医療機関等において自己負担限度額8,000円を超える窓口負担がなくなります。

また入院の場合、限度額認定証を提示することで、自己負担限度額が減額になる他(区分1は15,000円、区分2は24,600円になります)、食事代が減額されます。
(差額ベッド代等保険適用外の経費は対象になりませんのでご注意ください)

限度額認定証の申請方法について

限度額認定証の交付は住民税非課税世帯の方が対象になります。
同じ世帯に課税されている方がいらっしゃる場合は対象とはなりません。

申請に必要なもの

本人が窓口にて申請する場合
1. 本人確認ができる書類
(例:後期高齢者医療保険証・介護保険証など)
2. 本人の個人番号を確認できる書類
(例:マイナンバーの通知カードまたは個人番号カード(写し可))
3. 認印

代理の方が窓口に来られる場合
1. 代理の方の本人確認書類
(例:免許証・各種保険証など)
2. 被保険者本人の本人確認ができる書類
(例:後期高齢者医療保険証・介護保険証など)
3. 被保険者本人の個人番号を確認できる書類
(例:マイナンバーの通知カードまたは個人番号カード(写し可))
4. 申請する被保険者本人の認印

手続き等受付窓口

・八王子市役所本庁舎 1階11番 保険年金課 後期高齢者医療担当
( 各種相談 ・ 申請 ・ 交付 )

・八王子駅南口総合事務所 及び 各事務所 (市内14事務所)
( 申請 ・ 再交付受付 )
(注)八王子駅南口総合事務所では後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証の交付等も行います。その他の事務所で申請した場合や本人確認資料が用意できない場合は、後日郵送にてご自宅に限度額認定証をお送りします。

主なご質問に対する回答 

質問 : いままで入院療養の際に利用していただいた限度額認定証については、
そのまま外来診療の際にも使えますか?

回答 : そのまま使えますので手続きは必要ありません。

質問 : 限度額認定証を提示しない場合はどうなりますか?

回答 : 同一月同一医療機関において自己負担限度額を超えても従来通り窓口
で支払い、後日(約4か月後) 高額療養費として支給されます。

質問 : 対象となる医療機関等とはどういうところですか?

回答 : 保険医療機関、保険薬局、指定訪問看護事業者などで受けた保険診療
が対象となります。
(注) 柔道整復、はり、灸、あん摩マッサージの施術などは対象外です。

質問 : 複数の医療機関に通院しています。同一月同一医療機関では限度額を
超えませんが、全ての医療機関における窓口支払いを合計すると自己
負担限度額を超える場合は?

回答 : いままでどおり自己負担限度額を超えた分は、後日高額療養費として支
給されます。

関連情報

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部保険年金課(後期高齢者医療担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7364 
ファックス:042-626-8421

お問い合わせメールフォーム