現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 医療 > AEDの配備 > AEDの配備

AEDの配備

更新日:平成30年9月10日

ページID:P0002688

印刷する

八王子市では、市の主要な施設にAEDを設置しています。


AEDとは

AED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)とは、急性心筋梗塞などのために心停止(心室細動)状態となった方に対し、心臓への電気ショックを自動的に行う装置です。

心停止状態にある方のほとんどは、心室細動と言われる心臓がけいれんしている状態にあります。その場合、可能な限り迅速な処置が必要です。救急救命士や医師による治療が実施される前に、現場に居合わせた人が心肺蘇生法を行っておくことによって、患者の救命率は格段に高くなるのです。

心肺蘇生法では心臓マッサージと人工呼吸が重要ですが、併せてAEDによる電気ショックを行うことにより、救命率がさらに高くなることがわかっています。

以前は医療従事者以外のAED使用が認められていませんでしたが、平成16年の厚生労働省指針により、非医療従事者(一般市民)がAEDを使用しても法的責任は問われないことになりました。

そのため、公共施設や大規模施設を中心に、全国的にAEDが急速に普及してきています。


AEDの設置場所

八王子市内の市施設等に324台のAEDを設置しています(平成30年8月末現在)。詳しい設置場所は下記「AED設置場所一覧(市施設)(平成30年8月末現在)」をご覧ください。

※日本救急医療財団は、厚生労働省の補助を受けAEDの普及啓発事業等を推進している公益法人です。

AEDを使うには

AEDを起動すると、音声により指示があるため、操作は簡単で誰でも使うことができます。

音声に従ってAEDを患者に装着すると、AEDによる電気ショックが必要な状態にあるのかどうかを自動的にチェックしてくれるため、電気ショックが必要無い患者に対して作動することはありません。そのため、医学的知識の無い方でも安心して使用することができます。


AEDの貸出しについて

八王子市では、市内で開催されるイベント等の主催団体に対し、AEDの貸出しを行っています。

福祉政策課で3台、八王子駅南口総合事務所で2台のAEDを貸出し用として用意しています。 貸出しを希望される場合は、お近くの各貸出場所まで電話にて連絡のうえ、下記の「AED貸出申込書」と、「救命技能認定書」の写し(※医師などの医療従事者か、消防署などによるAEDを使用した救命講習等を終了している方が参加していることが要件となります)を提出してください。なお、返却される際、下記「AED使用実績報告書」を併せて提出してください。

  • 八王子市役所 福祉政策課 電話番号 042-620-7241
  • 八王子駅南口総合事務所 電話番号 042-620-1150


救急救命講習について

AEDの使用を含めた救急救命講習は、下記の団体で実施しています。

講習を受けなくてもAEDを使用することはできますが、緊急時に落ち着いて行動するには、心臓マッサージや人工呼吸を含めた救急救命法を学ぶことが望ましいと言えます。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部福祉政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7240 
ファックス:042-628-2477

お問い合わせメールフォーム