現在の場所 :
トップ > 市政情報 > 市の政策・計画とまちづくり > 政策・計画 > 市の計画 > 都市環境整備・交通環境整備 > 八王子市交通マスタープラン(第3次八王子市総合都市交通体系整備計画)

八王子市交通マスタープラン(第3次八王子市総合都市交通体系整備計画)

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0007752

印刷する

イメージ図

八王子市交通マスタープランがスタートします

八王子市交通マスタープランは、概ね20年後の都市の姿を見据え、交通に関する施策を総合的かつ計画的に進めるため、10年間で取り組む内容を示したものです。
本市が、平成17年2月に新八王子市総合都市交通体系整備計画を策定してから、10年余りが経過しました。その間、本市の交通を取り巻く状況は、広域幹線道路である圏央道や新滝山街道が完成し、今後は主要幹線道路である国道20号八王子南バイパス、北西部幹線道路の整備が予定されています。また、平成27年4月の中核市移行や、JR八王子駅周辺の旭町・明神町地区周辺のまちづくりをはじめとした大規模な開発計画が予定されており、交通だけではなく、まちづくり全体においても、大きな転換期を迎えています。
一方、全国的には人口減少・超高齢社会の進展、都市活動等による地球環境への負荷、東日本大震災を教訓とする防災意識の高まりなど、都市を取り巻く環境が変化しています。
本市では、これらの社会経済情勢の変化に対応し、新たなまちづくりを進めるため、持続可能な都市構造への転換に向け「八王子市都市計画マスタープラン」を改定しました。
交通部門についても、まちづくりなどと連携を図りながら交通政策を効果的に展開していくため、これらの計画の考え方に基づき「新八王子市総合都市交通体系整備計画」の見直しを行いました。

策定のポイント

  • 第2次都市計画マスタープランで示している「拠点・沿道ネットワーク型都市構造」を実現するため、広域的な交通結節点としてのポテンシャルを活かすとともに、過度な自動車利用を抑制する一方で、公共交通の持続的な確保を目指し、歩行者や自転車等が安全・安心に移動できる環境整備を進めるための都市交通の将来像を示しました。
  • 「公共交通」、「道路交通」、「自転車交通」、「歩行者交通」の交通分野別に目指すべき姿を示しました。
  • 都市交通の将来像を実現するため、4つの基本目標を定め、95の施策を示しました。
  • 交通マスタープランを推進するため、PDCAの考え方、協創の考え方、世代別に見た将来交通のイメージを示しました。

閲覧場所

計画は、市役所1階市政資料室、6階都市計画部交通企画課、事務所、市民センター、図書館で閲覧することができます。

八王子市交通マスタープラン(本編)

八王子市交通マスタープラン(本編)は、次のリンクからダウンロードしてご覧になれます。

表紙・目次

序章 策定にあたって・第1章 八王子市が目指すまちの姿

第2章 本市の交通の現状と課題

第3章 交通マスタープランの基本的な考え方

第4章 施策展開

第5章 交通マスタープランの推進に向けて・参考資料

検討経過

八王子市交通マスタープランの検討経過については、次のリンクからご覧になれます。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

都市計画部交通企画課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7303 
ファックス:042-627-5915

お問い合わせメールフォーム