現在の場所 :
トップ > よくある質問から探す > 高齢・介護・障害・生活福祉 > 介護保険の保険料 > 八王子市を転出しているのに、介護保険料が年金天引き(特別徴収)されているのはなぜですか。亡くなっているのに、介護保険料が年金天引き(特別徴収)されているのはなぜですか。

八王子市を転出しているのに、介護保険料が年金天引き(特別徴収)されているのはなぜですか。亡くなっているのに、介護保険料が年金天引き(特別徴収)されているのはなぜですか。

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000795

印刷する

高齢・介護・障害・生活福祉に関する よくある質問

質問 八王子市を転出しているのに、介護保険料が年金天引き(特別徴収)されているのはなぜですか。亡くなっているのに、介護保険料が年金天引き(特別徴収)されているのはなぜですか。

回答

年金天引き(特別徴収)で介護保険料を納めている方が転出・死亡された場合、市から年金運営機関へ年金天引きを停止する依頼を行いますが、実際に年金天引きが止まるまでに3か月ほどの日数を要するため、転出・死亡されてもしばらくは年金天引きが行われることになります。その結果、保険料が納め過ぎとなった場合には還付金の通知をお送りしますので、受取りの手続きをお願いします。還付金の申請ができるのは、本人又は相続人となります。

なお、年金運営機関への届出(住所変更届・死亡届)は別途必要となりますので、ご注意ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部介護保険課(保険料担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7415 
ファックス:042-620-7418

お問い合わせメールフォーム