現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 高齢・介護・障害・生活福祉 > 認知症について > 認知症関連イベント > 9月21日は世界アルツハイマーデーです

9月21日は世界アルツハイマーデーです

更新日:

ページID:P0029803

印刷する

9月21日は世界アルツハイマーデーです

世界アルツハイマーデーとは

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。
また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取り組みを行っています。

なぜ9月21日なの?

194年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらすことを目的としています。

八王子市での取り組み

南口総合事務所でのパネル展示「笑顔e(いい)まち八王子展」

「認知症になってもみんなが笑顔になるまち八王子」をめざして、認知症のパネル展を開催します。
認知症の人もそうでない人も笑顔で暮らせるまちになるための市の取り組みや、当事者の方の声、関連するさまざまなイベントについて展示を行います。

 会場:八王子駅南口総合事務所多目的スペース(西側)

 期間:令和3年(2021年)9月13日(月)から9月24日(金)まで

 内容:八王子市の認知症に関する取り組みのパネル展示
    「八王子市認知症まるごとガイドブック」・認知症に関する資料配布等

図書館テーマ展示「笑顔いいまちはちおうじ~認知症があっても安心して暮らせるまちをめざして~」

八王子市図書館では、認知症や健康に関連するテーマ展示を高齢者福祉課、保健福祉センターと協同して行っています。
9月の世界アルツハイマー月間に合わせ、認知症の基礎知識やケアに関する本、認知症を身近なものとして体験した方々の手記、認知症の要因でもある生活習慣病、フレイルを予防するための本などを展示・貸出するほか、「八王子市認知症まるごとガイドブック」の配布や、関連するサービスについての紹介も行います。
この機会にぜひご覧ください。

図書館テーマ展示
 「笑顔いいまちはちおうじ~認知症があっても安心して暮らせるまちをめざして~」
 「食生活改善普及・健康増進普及」

 ・中央図書館
  展示期間:令和3年(2021年)9月15日(水)から10月11日(月)まで

 ・南大沢図書館
  展示期間:令和3年(2021年)9月22日(水)から10月18日(月)まで

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部高齢者福祉課(地域包括担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7244 
ファックス:042-624-7720

お問い合わせメールフォーム