現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 高齢・介護・障害・生活福祉 > よくある質問 > 認知症対応型共同生活介護 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症対応型共同生活介護 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0003816

印刷する

グループホームは要支援2、要介護1から要介護5の方が利用できます(要支援1の方は利用できません)」

グループホームのイメージ図

認知症をもった高齢者が共同生活をしながら、日常生活の介護やリハビリを受けるサービスです。認知症の程度が中程度以下で、八王子市民の方は原則市内の事業所しか入居できません。

どのような施設ですか

1施設に入居できる人数は、5名から9名ほどの小規模なもので、在宅に近い自然で普通の暮らしをしたほうが認知症の改善に有効との経験から、新しい介護の仕方として注目されています。居室は個室が原則となっており、スタッフが当直勤務をしながら介護をしますが、入居者同士で食事の用意をするなど、大きな家族という位置づけで成り立っています。

利用するに当たって注意することはありますか

自己負担額は費用の1割ですが、ほかに家賃相当額、日常生活費などの経費が必要になります。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部介護保険課(給付担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7416 
ファックス:042-620-7418

お問い合わせメールフォーム