現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 生活・環境・交通・住宅 > 上下水道・河川・水路 > 河川・水路・水循環 > トピックス > コイヘルペスウイルス(KHV)病のまん延防止

コイヘルペスウイルス(KHV)病のまん延防止

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0006627

印刷する

コイヘルペスウイルス(KHV)病のまん延防止

コイヘルペスウイルス病は、KHV(koi herpesvirus)と呼ばれる病原体が原因で、マゴイやニシキゴイだけに発生する病気です。((注意)コイ以外の魚や人への感染はしません)

KHVに感染したコイがいると、そのコイからウイルスが水中に放出され、水を介して他のコイに感染します。

八王子でも平成19年8月23日に東中野の水路で、コイヘルペスウイルス病によるコイの大量死が確認されました。

まん延防止のために、コイの放流や持ち出しはしないでください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

水循環部水環境整備課(水質保全担当)
〒192-0906 八王子市北野町596-3
電話:042-642-1500 
ファックス:042-642-7739

お問い合わせメールフォーム