八王子市小学校科学教育センター

更新日:平成30年6月26日

ページID:P0004741

印刷する

アルテミア

令和2年度家庭用プログラム「持ち運べる地球を作ろう」

 下記の「令和2年度活動計画」、およびセンター生の方にはご連絡していますが
講座で実施予定であった「持ち運べる地球を作ろう」~アルテミア観察キットの
配布をしています。
9月15日から順番に申し込みのあったセンター生の小学校に持っていくので、お楽しみに!

1.観察キットが届いたら

 まずは、「スタートガイド」を読んで必要なものが揃っているか確認しよう。
そして、「観察ガイド」をしっかり読もう。
読んでみて、わからないことがあってもOK、観察を続けていけばわかるようになるかもしれない。
「わからないこと」が実験や観察で「わかるようになる」これが科学の面白さの一つだ。

スタートガイド

2.さあ、始めよう

 スタートガイドや観察ガイドに従って、アルテミアをふ化させてみよう。
ペットボトルに、アルテミアの休眠卵を入れよう。
記録シートへの日時の記入も忘れないように。
正確な記録が科学実験には大切だ。

3.家族にもしっかり説明

 実験キットのペットボトルを置くときには、きちんと家族に説明しよう。
置いてあるのに気が付かずに倒してしまったら大変だ。ペットの猫が倒してしまうかもしれない。
家族に実験をしていることを説明して、ペットボトルを置く場所を相談しよう。

家族に相談

4.わからないことがあったら

 まずは自分で考えて、それから調べてみよう。
いきなり調べてもいいけれど、その前に自分で考える習慣をつけよう。
自分で考えてから調べることで、色々なことに気付くことができる。

調べてもわからないときには、科学教育センターの先生に相談だ。

調べよう

科学教育センター事業について

活動の概要

1.目的

八王子市立小学校に在学する児童に対し、自然に関する科学的関心・意欲・態度、科学的思考力や技能の向上を目指し活動していく中で、八王子市全体の科学教育の振興及び将来における科学技術創造立国の担い手となる人材の育成を図る。(小学校科学教育センター要綱より)

2.対象者および募集人員 (補足)令和2年度の募集は終了しました

八王子市立小学校に通う6年生を対象とし、募集を行っています。
令和2年度の募集については終了しました。(定員80名)

3.事業の内容

  1. 小学校5・6年生の教材を中心に、それから発展するものを含めて、基礎的・基本的な科学の学習活動を行います。
  2. 教育センターで実験や観察を行う「センター講座」と、様々な団体(大学・企業等)と連携して行う「合同学習」を行います。 
  3. 知識や理解だけでなく、生活の中に活かし、発展して学習できる活動を取り入れ、児童の能力を伸ばしたり、夢をもたせたりするような内容も取り入れています。
  4. 合同学習では、大学や企業等との連携のもと、最先端の科学技術を体験したり、自然や動植物について学んだりすることができます。
  5. 一年間の活動の記録として、「自由研究・学習のまとめや感想」を綴った冊子を作ります。

4.科学教育センター組織

  • センター長
    八王子市立柏木小学校  校長  秋吉 達也
  • 副センター長
    八王子市立城山小学校  校長  角田 悟
  • 事務局
    八王子市教育委員会 指導課(教育センター)

令和2年度活動計画

令和2年度科学教育センター講座については、新型コロナウイルス感染症の
感染拡大防止のため、中止となりました。

なお、受講予定のセンター生には、講座で使用する予定の実験キットをお配りします。
詳しくは科学教育センターから送付したお知らせをご覧ください。

科学教育センター Q&A

質問1 科学教育センターでは、どんな活動をするのですか。

回答1 
 センター講座では、実験・観察を中心とした学習を行います。小学校5・6年生の教材を基本にそれから発展した内容の学習です。
合同学習では、市内外の様々な場所で、大学や企業などと連携し、センター講座では実施できないような最先端の体験や、その場所でないとできない実験や観察などを行います。

 ※ 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、合同学習の規模を縮小しています。

質問2 科学教育センターの活動に参加したいのですが、どのように申し込めばよいですか。

回答2
 1学期に募集案内を各小学校に配ります。担任の先生から案内を受け取って申し込んでください。
 (令和2年度の募集は終了しました。)

質問3 参加費など、お金はかかりますか。

回答3
  科学教育センターが事前に計画した実験を実施する場合は、参加費・材料費はかかりません。
ただし、令和2年度の講座については、全て現地集合となりますので、自宅から集合場所までの交通費は各参加者でご負担ください。

質問4 過去にはどのような合同学習がありましたか。

回答4
 過去には以下の内容の講座を実施しています。

  • 帝京大学での学習
  • 市内企業の協力による科学教室
  • 神奈川県立生命の星・地球博物館の見学
  • 独立行政法人 国立高等専門学校機構 東京工業高等専門学校での「理科講座」
  • 水辺のかんきょう教室
  • 多摩動物公園での学習 

質問5 活動日は土曜日だけですか。

回答5
  今年度は土曜日の活動のみとなります。
例年は、夏休み中は土曜日以外の活動もあります。

質問6 以前は学校で行う活動があったと思うのですが。

回答6
 令和元年度までは、市内3か所の学校を会場に、「分室活動」として実験や観察などの活動を行っていました。
令和2年度からは、それらを統合し、「センター講座」として教育センターで実施します。

質問7 参加するために何か必要なものはありますか。

回答7
  実験や観察に必要な器具類は科学教育センターで用意するので購入の必要はありません。
こちらで参加者に配布する資料や筆記用具は毎回持ってきてください。
実施場所によって、上履きやタオルなどが必要になる場合がありますので、事前にお知らせします。

質問8 雨天時には屋外の講座は中止になりますか。

回答8
屋外で実施するものについては、雨天の場合には中止となります。
前日に実施・中止の決定を行い、このページの始めに掲載します。
実施中に突然雨になった場合などには、当初の予定を変更して別メニューで実施したり、短縮する場合もあります。
台風など荒天時には、屋内の講座についても中止する場合があります。
その場合も、このページでお知らせします。

この質問と回答コーナーを読んでもわからないことがあったら、科学教育センター事務局に電話で問い合わせください。
八王子市教育センター(科学教育センター担当) 電話番号 042-664-1135

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部指導課(教育センター)
〒193-0832 八王子市散田町2-37-1 
電話:042-664-1135 
ファックス:042-662-2988

お問い合わせメールフォーム