現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 子どもとその家庭 > 妊娠・出産・母と子の健康 > 赤ちゃんの健康管理 > 胆道閉鎖症の早期発見のために~便色カード~

胆道閉鎖症の早期発見のために~便色カード~

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000986

印刷する

胆道閉鎖症ってどんな病気

胆道閉鎖症の概念

胆道閉鎖症は、新生児および乳児の肝外胆管が、原因不明の硬化性炎症によって閉塞するために、肝から腸へ胆汁を排出できない疾患です。(胆道閉鎖症早期発見のための便色カード活用マニュアルより引用)

赤ちゃんのうんちの色に注意しましょう

生後4か月くらいまでは、うんちの色に注意が必要です。うんちの色が便色カードの1番から3番に近い色の場合は、かかりつけ医に相談しましょう。生後2週を過ぎても皮膚や白目が黄色い場合、おしっこが濃い黄色の場合にも、すぐに医師等に相談しましょう。

(補足)ホームページに掲載している画像及びPDFファイルの「便色カード」は見本です。プリンター等で印刷したものやパソコン等のモニター上の色は実際の便色カードの色と異なります。少しでも心配な時は、かかりつけ医に相談しましょう。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部大横保健福祉センター(保健担当)
〒192-0062 八王子市大横町11-35
電話:042-625-9200 
ファックス:042-627-5887

お問い合わせメールフォーム