現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 健診・検診 > 成果報酬型官民連携モデル事業

成果報酬型官民連携モデル事業

更新日:平成30年10月11日

ページID:P0023983

印刷する

成果報酬型官民連携モデル事業の実施

 八王子市では、大腸がん検診における受診率・精密検査受診率向上事業において、成果報酬型官民連携モデル事業(いわゆる、ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)モデル)を導入しています。
 ヘルスケア分野、特にがん検診での本事業の取組は、日本初と言われており、行政はもとより、関連する民間事業者、金融機関などからも注目されています。
 本事業は、平成29年度から平成31(2019)年度にかけての三か年事業となりますが、この度、平成29年度の成果がまとまりましたので、報告するとともに、併せて、本市と民間事業者との契約書も公開いたします。
 様々な意見交換を活発にしていただき、がん検診のみならず、他の分野においても、本事業の活用が検討されるよう、情報発信をしていきます。

八王子市における成果報酬型官民連携モデル事業の取り組み(PDF形式 2,979キロバイト)

契約約款(PDF形式 272キロバイト)

業務委託仕様書(PDF形式 605キロバイト)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

医療保険部成人健診課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7428 
ファックス:042-621-0279

お問い合わせメールフォーム