受動喫煙対策について

更新日:平成30年10月22日

ページID:P0024032

印刷する

受動喫煙対策について 

 平成30年7月25日、望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、当該施設等の一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、当該施設等の管理について権原を有する者が講ずべき措置等について定めた「健康増進法の一部を改正する法律」が厚生労働省より公布されました。
 また、平成30年7月4日、都民の健康増進を図る観点から、受動喫煙を自らの意思で避けることが困難な者に対し、受動喫煙を生じさせることがないよう、受動喫煙防止対策を一層推進するため、必要な事項を定めた「東京都受動喫煙防止条例」が公布されました。

 これに伴い、本市においても施設の区分に応じた敷地内禁煙、屋内禁煙の準備を進め、対象施設からの相談、施設権原者などへの周知啓発を行います。

 「健康増進法の一部を改正する法律」及び「東京都受動喫煙防止条例」の詳細については、下記のページをご参照ください。

 なお、平成30年4月1日から、子どもの生命及び健康を受動喫煙の悪影響から保護するための環境の整備に関する事項を定めた「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が施行されております。

健康増進法の一部を改正する法律の概要:厚生労働省(外部リンク)
とうきょう健康ステーション:東京都(外部リンク)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部健康政策課
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5111 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム