現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健所 > 感染症 > 小児感染症発生状況(小児感染症サーベイランス) > 小児感染症サーベイランス・今週のトピックス

小児感染症サーベイランス・今週のトピックス

更新日:平成30年10月23日

ページID:P0002853

印刷する

第42週(平成30年10月15日から10月21日まで)の集計結果
  

【今週の傾向】 
○RSウイルス感染症は、定点あたり1.8人で、先週(第41週  定点あたり1.9人)とほぼ横ばいです。夏から冬にかけて流行する疾患で、感染経路は飛沫・接触感染です。
○感染性胃腸炎は、定点あたり7.2人で、先週(第41週 定点あたり5.4人)より増加しました。1~6歳児が約半数を占めています。
○伝染性紅斑は、定点あたり3.1人で、先週(第41週 定点あたり2.1人)より増加し、警報レベル(基準値:定点あたり2.0人)が継続しています。 感染経路は飛沫・接触感染です。
○インフルエンザは、小児科定点あたり0.0人(先週:第41週 定点あたり0.2人)、インフルエンザ定点あたり0.0人(先週:第41週 定点あたり0.1人)と定点からの患者報告はありませんでした。

○風しんの報告が2件ありました(20代男性、30代男性)。
○百日咳(平成30年1月1日から全数報告疾患になりました)の報告が5件ありました(1ヶ月女児、6歳女児、7歳女児、10代女児、30代女性)。

☆家庭、通園通学先、職場等で、手洗い、咳エチケット、排泄物・吐物の適切な取り扱い(消毒)等を励行し、    感染の拡大を防止しましょう。

・第41週  :  10月8日から10月14日まで
・第42週  :  10月15日から10月21日まで
・小児科定点  : 八王子市内 小児科14ヶ所   都内 264ヶ所
・インフルエンザ定点: 八王子市内 小児科11ヶ所、内科7ヶ所
・東京都基幹及び小児科病原体定点医療機関 : 都内43ヶ所

○効果的な手洗いの方法 
 「石けんを充分泡立てた後すすぐ」を2回繰り返すと効果的です。

手洗いの効果


 〇都内では、風しんの届出が2018年1月から10月14日までに434件ありました。風しんに注意しましょう。
 ■東京都感染症情報センター
 ・「感染症ひとくち情報 風しんに注意しましょう!」
  http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/diseases/rubella/hitokuchi-joho.pdf?20181018(外部リンク)

 ・「風しんの流行情報」
 http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/rubella/rubella/(外部リンク)

○都内では、百日咳の届出が2018年1月から10月7日までに  1,410件ありました。重篤化しやすい予防接種前の乳幼児への感染に注意しましょう。

  ■東京都感染症情報センター 
  ・「感染症ひとくち情報 百日咳の報告数が増加しています!」     

    http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/diseases/pertussis/hitokuchi-joho.pdf?20180926(外部リンク)
 ・「百日咳の流行状況」
   http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/pertussis/pertussis/(外部リンク)

○都内のインフルエンザの流行状況
 ■東京都感染症情報センター 
・「インフルエンザの流行状況(東京都 2018-2019年シーズン)」
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/flu/(外部リンク) 

第42週(平成30年10月15日から10月21日まで)の発生状況

感染症法の施行規則の改正に伴い、百日咳は平成30年1月1日から報告方法が変わり、
全数報告疾患となったため、発生状況については、風しん・麻しん・百日咳発生状況をご覧ください。

第42週年齢別発生状況表

第42週疾患毎発生状況

第42週年齢別発生状況表

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖情報

市立小中学校のインフルエンザ様疾患による学級閉鎖状況は下記でご確認ください。


このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部(八王子市保健所)保健対策課 感染症対策担当
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5195 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム