説経浄瑠璃

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0005235

印刷する

説経浄瑠璃

説経浄瑠璃

説経節は、もともと仏の教えを説くための仏教の法談などから生まれたといわれています。
一時はすたれてしまいましたが、初代薩摩(さつま)若太夫が再興し、人形芝居などと一緒に興行するようになり、江戸で人気を博すようになりました。
その後、八王子にも伝わり、現在まで受け継がれています。

指定年月日

平成5年3月22日

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7265 
ファックス:042-626-8554

お問い合わせメールフォーム