現在の場所 :
トップ > 各種コンテンツ > 職員採用 > 正規職員 > こんな先輩職員が働いています(木村 泉紀)

こんな先輩職員が働いています(木村 泉紀)

更新日:令和2年8月3日

ページID:P0027136

印刷する

木村 泉紀(行政)

  木村 泉紀(行政)

平成26年4月 入庁 介護保険課配属
平成31年4月 観光課へ異動

※令和2年7月現在

現在の仕事内容を教えてください

 観光課での担当業務は、八王子花火大会、夕やけ小やけふれあいの里の管理、滝山城跡の観光PRなどです。最近は、外国の方に向けた発信にも力を入れています。昨年にはYouTubeなどで観光スポットの紹介をしたり、外国人モニターに市内の観光地を巡ってもらい、モデルコースを作ったりました。感染症の収束後には、以前のようにたくさんの方が八王子に訪れてくれたら嬉しいですね。

職場はどんな雰囲気ですか

 個性的な職員が多く日々楽しく仕事しています(笑)
 加えてとても風通しが良い職場だと思います。私が気づいた改善点を提案すると、より良くなることは反映してくれます。若手の意見が通りやすく、働きやすいと感じます。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください

 市民の方から「話しかけやすく、頼りがいのある職員」と感じて頂けるように、日ごろから、庁舎内で困っていそうな方がいたらお声がけをするなど、自分から動くことを心がけています。
 また、市外の方や、外国の方にも、もっと八王子市を知ってもらうために何ができるかを考えています。以前旅先で偶然出会った日本好きの外国人と話した際に、知名度が高いと思っていた高尾山のことを知らずショックを受けた経験がありました。日本遺産にも認定されているので、積極的にPRしていきたいと思っています。

地元八王子市への就職を決めた理由を教えてください

 もともと民間志望で、海外勤務もある大手不動産会社から内定をもらっていました。八王子市を受験したきっかけは、広報で職員募集の記事を見た親に勧められたことです。親としては近くにいてほしい気持ちがあったようですね。
 そもそも、人の人生に関わる仕事がしたいと考えて就職活動をしていたので、多くの人の役に立てる市役所職員は自分に最も適した仕事であると気づき、最終的に八王子市への就職を選びました。
 ちなみに地元に就職してよかったと思うことは、土地感覚があるので仕事がしやすいことと、八王子在住の親戚や知り合いから市民目線での意見やいろんな角度からの情報が得られることですね。生まれ育ったまちのために恩返しをしたいと思っています。

未来の仲間へのメッセージをお願いします

 入庁前は、市役所の仕事は定型的なものというイメージがありました。実際は、多くの職員が情熱をもって仕事に取り組んでおり、良い意味でギャップを感じています。同じようなイメージを抱いている方もいると思いますが、私は今八王子市の職員として働いていて、私らしく生きていると実感しています。固定概念に捉われず、ぜひいろいろなことに挑戦してほしいと思います。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

総務部職員課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7203 
ファックス:042-621-1298

お問い合わせメールフォーム