現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 教育・生涯学習・スポーツ > 教育委員会 > 学校フォトニュース > 平成29年7月の学校フォトニュース

平成29年7月の学校フォトニュース

更新日:平成29年7月25日

ページID:P0021915

印刷する

 

「指導力パワーアップ研修」に育休中の教員も受講(7月25日)

 教員の資質・能力の向上を図り、指導力を高めることを目的に市では、夏季休業期間中に「指導力パワーアップ研修」を実施しています。
 7月25日に教育センターで実施した新しく教科に加わる「道徳」の研修では、託児場所を確保するなど環境を整備して、産休・育休中の教員も受講できるようにしました。この都内初の試みに育休中の教員3名も受講。受講した育休中の教員は、「現場を離れて不安だったが、研修を受けることができ、安心して復帰できる」「会場内に託児室があったので、研修に参加しやすかった」などと感想を話しました。

指導力パワーアップ研修の写真

「交通安全子供自転車東京大会」で優勝した楢原小学校の児童が市長表敬訪問(7月20日)

 5月21日に東京流通センター(大田区)で開催された「第52回交通安全子供自転車東京大会」で団体・個人優勝した市立楢原小学校の児童が、7月20日に市長を表敬訪問しました。
 団体の部では、同校のAチームが優勝。Bチームは準優勝でした。個人の部では、6年生の井上祐希(いのうえゆうき)さんが優勝したほか、同校の児童が準優勝と4位に入賞しました。優勝した楢原小チームは、東京都代表として8月9日に東京ビッグサイト(江東区)で開催される全国大会に出場します。全国大会への決意などを一人ずつ発表し、市長と教育長から激励を受けました。
 井上さんは「優勝できたのは、指導してくれた交通安全協会や警察署の皆さん、家族のおかげ。全国大会でも優勝したい」と熱い思いを語りました。

楢原小学校児童の写真

新たな友好交流都市「ドイツ・ヴリーツェン市」の料理を給食で(平成29年7月10日)

 八王子市は今年で市制100周年。この節目を迎えるにあたり、本市は新たにドイツ・ヴリーツェン市と友好交流協定を結びました。この締結のきっかけとなったのは、本市出身の医師肥沼信次博士です。第二次世界大戦後のヴリーツェン市で、肥沼博士は、自分の命をかえりみず感染症の治療にあたり、人々の命を救った功績から、今でもヴリーツェン市民から尊敬されています。
 7月10日から13日まで、市立小・中学校の給食でこの協定締結を祝い、「海外友好交流都市献立」を提供しました。肥沼博士の母校の第三小学校では、清水俊幸校長から肥沼博士の功績についての話を聴いたあと、ソーセージと野菜を煮込んだ「アイントップフ」や、カレー味のソーセージ「カリーヴルスト」などドイツ料理4品を味わいました。給食を食べた児童は「ドイツ料理は日本料理と同じくらいおいしい、ドイツに行ってみたくなった」と話し、肥沼博士が渡ったドイツへ思いをはせていました。

ドイツ料理の給食


このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

学校教育部学校教育政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7403 
ファックス:042-627-8811

お問い合わせメールフォーム