現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 保健衛生・医療 > 保健所 > 感染症 > 各疾患の説明 > RSウイルス感染症

RSウイルス感染症

更新日:平成30年1月10日

ページID:P0002871

印刷する

秋から冬にかけて流行します

  • 原因
    RSウイルスによる接触・飛沫感染です。
  • 潜伏期間
    2日間から6日間
  • 症状
    発熱、咳、鼻水、咽頭痛、頭痛など風邪に似た症状があります。1週間から2週間で軽快となります。
  • 発生状況
    秋から冬にかけて乳幼児で流行し、特に乳児期では細気管支炎や肺炎など重症化しやすいです。
  • 治療
    特別な治療法はありません。早産児や心疾患児などのハイリスク児を対象にパリミズマブ(抗ウイルスヒト化モノクローナル抗体)を予防的に使用することで重症化を防ぎます。
  • 予防
    予防接種はありません。手洗い、うがい、咳エチケットが大切です。タオルやおもちゃの共有を避けましょう。

参考

RSウイルス感染症の発生状況(東京都)(外部リンク)

東京都感染症情報センター(外部リンク)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

健康部(八王子市保健所)保健対策課 感染症対策担当
〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5195 
ファックス:042-644-9100

お問い合わせメールフォーム