現在の場所 :
トップ > 観光・文化 > 八王子の歴史・文化財 > 文化財関連施設 > 八王子市郷土資料館(登録博物館)

八王子市郷土資料館(登録博物館)

更新日:平成29年5月2日

ページID:P0005312

印刷する

八王子市郷土資料館(登録博物館)

郷土資料館外観
特別展「掘りこされた八王子の歴史」チラシ画像
~【特別展】好評開催中!~

利用案内

所在地

郵便番号 192-0902 東京都八王子市上野町33
電話番号 042-622-8939 ファックス 042-627-5919

開館時間

午前9時から午後5時まで

休館日

月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日・年末年始。

その他、館内整理日等のため臨時に休館する場合があります。詳細は下記リンク先「ミュージアムカレンダー」でご確認ください。

入館料

無料

交通

  • JR八王子駅南口から徒歩15分
  • JR八王子駅南口から「東京家政学院」行、「上野町三丁目」下車徒歩3分。

駐車場

有り

(注意)平成28年7月1日から駐車場入口が北側に変更になりました。ご注意ください。

郷土資料館の年間予定を記載したミュージアムカレンダーです。下記よりダウンロードしてご利用ください。
なお、特別展や各種イベントについては、事前に申込みが必要なものや期間・内容等が変更される場合がございます。詳細は広報「はちおうじ」やホームページでお知らせいたしますのでご確認ください。

「新郷土資料館基本構想(素案)」についてのパブリックコメントを実施します 【※ご意見の募集は終了しました】

趣旨等

市では、八王子市郷土資料館の基本構想策定に向けた検討を進めています。
このほど、その基本理念などを整理した、「新郷土資料館基本構想(素案)」がまとまりました。市民や地域に広く開かれ、未来へ向けて成長し続ける博物館を実現するために、ご意見を募集します。

意見の提出について

提出できる方

市内在住・在勤・在学の方、市内に事務所等を有する個人・法人・その他の団体

提出期間

平成28年12月10日(土曜日) から 平成29年1月15日(日曜日) まで (必着)

記入事項

案件名(「「新郷土資料館基本構想(素案)」について」と明記してください)、
ご意見とその理由、住所、氏名、市内在勤・在学の方は勤務先・学校名と所在地をご記入ください。
様式は自由です。以下の参考様式もご利用いただけます。

(補足)ご記入いただいた個人情報は、本パブリックコメント以外の目的には使用しません。

提出方法

直接(持参)、郵送、ファックス、メールにてご提出ください。

  1. 直接(持参)の場合 八王子市郷土資料館
    (補足)休館日(月曜日、祝日の翌日)・年末年始(12月29日から1月3日まで) を除く 午前8時30分から午後5時まで
  2. 郵送の場合 郵便番号192-0902 東京都八王子市上野町33番地 八王子市郷土資料館 宛
  3. ファックスの場合の送信先 042-627-5919
  4. メールの場合の送信先 b320401@city.hachioji.tokyo.jp

素案の閲覧場所

郷土資料館、市役所7階 文化財課、市役所1階 市政資料室、各事務所・市民センター・図書館、市のホームページ

新郷土資料館基本構想(素案)(閲覧用)(PDF形式 578キロバイト)

ご意見は、市の考えとあわせて、出来る限り内容を反映し、後日公表します。なお、個別の回答は行いません。

注意事項

  1. 電話、窓口での口頭によるご意見はお受けできません。
  2. 公序良俗に反するもの、特定の団体・個人に対する誹謗中傷が含まれるものは無効とします。

中間報告について

第1回中間報告を掲載しました。(平成28年12月27日更新)

第1回中間報告(PDF形式 133キロバイト)

第2回中間報告を掲載しました。(平成29年1月11日更新)

第2回中間報告(PDF形式 268キロバイト)

トピックス(最新情報)

八王子市郷土資料館ガイドボランティアを募集しています!(随時)

郷土資料館では、随時ガイドボランティアを募集しています。

詳細については募集要項をご確認の上、ご応募ください。

企画展「未来への贈りもの~平成28年度寄贈資料展」5月10日より開催です。(平成29年5月2日) 

釣り鐘
「振り鐘」

 大正時代に作られた山車模型や、鍛冶屋の道具、聖火リレーランナーに贈られた卓上トロフィーなど平成28年度に市民の方々から郷土資料館に寄贈された資料を展示します。

【開催日時】 平成29年5月10日(水)~9月7日(木)午前9時~午後5時

【料金】   無料

紙芝居「日光と八王子千人同心」を上演します。(平成29年5月2日更新)

千人同心紙芝居表紙画像

5月の紙芝居は「日光と八王子千人同心」を上演します。

平成29年5月24日(木)午後2時から。解説付きで30分程度です。

八王子千人同心は、江戸時代をとおして日光東照宮を火災から守る「日光火の番」を任務にしていました。明治維新の際、日光に攻め寄せた新政府軍に対し、東照宮を戦火から守るため戦闘を回避して降伏した千人頭石坂弥次右衛門の物語を紙芝居で紹介します。

八王子市制100周年・開館50周年記念特別展「学芸員のおすすめ!蔵出し収蔵品展」好評開催中!(平成29年3月30日更新)

特別展「掘りこされた八王子の歴史」チラシ画像

 八王子市郷土資料館は平成29年4月1日で開館50年を迎えます。
今回の展示では博物館の専門家である学芸員と展示ガイドボランティアが、これは見て欲しい!と思うおすすめ資料を多数ご紹介します。 

【開催日時】 平成29年4月1日(土曜日)~5月31日(水曜日)午前9時~午後5時

【休館日】  月曜日(ただし、5月1日は開館)、5月9日(火)

【料金】   無料

 ・詳しくはこちら八王子市制100周年・開館50周年記念特別展「学芸員のおすすめ!蔵出し収蔵品展」

『ブックレット千人のさむらいたち~八王子千人同心~』再販いたしました。(平成29年3月10日更新)

ブックレット千人のさむらいたち表紙

完売しておりましたが、このたび再販いたしました。

本書は八王子千人同心について、その成り立ちから解体までを簡潔に記述した千人同心の概説書です。
難解な用語には頭注をつけ、写真や図表も多く盛り込んで読みやすくなっています。

A5版 本文124ページ 口絵カラー 価格300円

刊行物のご案内

特別展「掘りおこされた八王子の歴史」展示図録販売中。(平成29年2月10日更新)

「掘りおこされた八王子の歴史」展示図録図録表紙

平成28年度冬の特別展図録です。

本図録では、八王子における遺跡調査の歴史や、旧石器時代から戦国時代までの主要な遺跡の発掘調査の記録や遺物の写真を掲載しています。

本文46ページ A4版 フルカラー 定価350円

刊行物のご案内

郷土資料館の概要

昭和38年頃、中央高速自動車道の建設にともない、市内宇津木町向原遺跡の発掘が行われ、多くの土器や石器が出土しました。
それを契機に、八王子の歴史資料を収集・保存しようという市民運動が起きました。
昭和39年には、市内の陶芸家井上郷太郎氏が収集した貴重な考古資料約1000点(井上コレクション)が市に寄贈され、ますます貴重な資料を保存・公開する施設を求める市民の声が高まり、東京オリンピック開催の記念事業の一つとして、展示・収蔵施設が建設されることになりました。
こうして、昭和42年4月1日に八王子市郷土資料館が開館しました。翌年には、博物館法により登録を受けました。
市内出土の考古資料や、市内で使われていた民俗資料などを調査・研究・収集・展示し、郷土の歴史を知る場として、多くの人々に利用されています。

館の様子や業務を知りたいときは

販売している図書を知りたいときは

八王子かるた

ガイドボランティア有志で作成した、八王子の郷土かるたです。データで公開しています(販売は終了しました)。

社会科見学や職場体験などを申し込みたいときは

郷土資料館ガイドボランティアの活動を知りたいときは

その他

郷土資料館の資料を利用したい方や資料利用申請書はこちら。

地図

(注意)駐車場の入口が変更になりました。ご注意ください。 (平成28年7月1日)

地図

より詳しい地図をご覧になりたい場合は下記リンクをご参照ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

生涯学習スポーツ部文化財課郷土資料館
〒192-0902 八王子市上野町33 
電話:042-622-8939 
ファックス:042-627-5919

お問い合わせメールフォーム