現在の場所 :
トップ > 担当窓口から探す > 環境部 > 環境保全課 > 自然環境・庶務担当 > 生け垣造成の一例

生け垣造成の一例

更新日:平成30年4月1日

ページID:P0006995

印刷する

生け垣造成の一例

生け垣の一例の図

上図のような生け垣は「四つ目垣」と呼ばれており、和風の家屋によく見られます。この仕様以外(樹木だけを列植したもの等)でも、樹木の枝葉が触れ合うように列植されているものを、八王子市では「生け垣」としています。

上図の生け垣をつくるための材料と寸法の一例
名称 材料 直径 高さ その他
親柱 杉丸太等 概ね8センチメートル 0.9メートル以上 なし
間柱 杉丸太等 概ね6センチメートル 0.9メートル以上 1.8メートルにつき1本
胴縁 竹等 概ね4センチメートル 3段以上 なし
立子 竹等 概ね3センチメートル 0.9メートル以上 1.8メートルにつき6本
樹木 (補足) 0.9メートル以上 1.8メートルにつき6本

(補足)ドウダンツツジ、サザンカ、ネズミモチ、シラカシ、キンカン、ベニバナトキワマンサク、イヌマキ、イヌツゲ、ヒイラギモクセイ、カナメモチなどがよく用いられます。

お問い合わせは、自然環境担当 電話番号042-620-7268

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課(自然環境・庶務担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7268 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム