現在の場所 :
トップ > 担当窓口から探す > 子ども家庭部 > 子どものしあわせ課 > 八王子市保・幼・小子育て連絡協議会

八王子市保・幼・小子育て連絡協議会

更新日:平成30年9月25日

ページID:P0001138

印刷する

子どもたちの笑顔と育ちをつなげるために

保・幼・小子育て連絡協議会

八王子市保・幼・小子育て連絡協議会(以下、協議会)は、子どもがより健やかに育つよう、保育園・幼稚園・小学校・学童保育所・児童館・子ども家庭支援センターなどがお互いの連携を深め、情報を交換し、共通の課題に取り組むことを目的とし、平成12年度から活動しています。
毎年、就学前の教育・保育から就学後の学校教育まで子どもたちの育ちがつながるよう、共通の課題などの話し合いや講演会・研修会を開催しています。また、市内の療育機関もこの協議会に参加しています。

これまでの主な取組

  • 「就学支援シート」の作成と普及啓発
  • 研修会の実施
  • 講演会の開催
  • 「保・幼・小連携の日」の実施

ブロック会議

保・幼・小 ブロック図

八王子市では、広い市域を5つのブロックに分け、それぞれのブロックが地域子ども家庭支援センターを中心に、子育て・子育ちを支援するためのネットワークを構築しています。

保・幼・小連携もこのネットワークを活用して、平成16年度より、ブロック毎に 「顔の見える連携」を行うための「ブロック会議」を開催しています。 ここでは、より身近な地域の中での子どもの問題や、協議会から提案された共通の課題について、それぞれの施設の園長や校長を始めとする関係者によって、さまざまな情報交換や議論が行われています。

平成24年度からは、就学前後の円滑な接続について取り組んでいます。

保・幼・小子育て連絡協議会のこれまでの取組み


経緯

報告会・講演会

保・幼・小子育て連絡協議会ロゴマーク

地域毎に行われたブロック会議から、それぞれの1年間のまとめを報告しあうことで課題を共通認識し、保・幼・小連携の重要性を理解するために年1回「ブロック会議報告会」を開催してきました。参加された方々の研修の機会になることも目指し、保育・教育の共通課題となることについての講演会を同時開催しました。(平成24年度からは、講演会のみを開催。)

平成30年度

  「幼児期から小学校低学年の学びや発達の理解」 東京学芸大学 教育教授 岩立京子氏 


平成29年度

  「『子どもの育ちをつなぐ』~新指針、新要領を手掛かりに、接続期のとりくみを探る~」
   白梅学園大学学長、東京大学名誉教授 汐見 稔幸氏(終了しました)
 

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

子ども家庭部子どものしあわせ課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7391 
ファックス:042-627-7776

お問い合わせメールフォーム