現在の場所 :
トップ > 担当窓口から探す > 税務部 > 住民税課 > 所得税と異なる課税方式による個人住民税の課税選択の申告方法が変わります

所得税と異なる課税方式による個人住民税の課税選択の申告方法が変わります

更新日:平成30年10月17日

ページID:P0024033

印刷する

申告方法について

平成31年度市民税・都民税申告より、所得税と異なる課税方式による個人住民税の課税を選択する場合、市民税・都民税申告書のほか、「上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書」の提出が必要になりました。

詳しくは、下記リンクを参照ください。

 所得税と異なる課税方式による個人住民税の課税選択の申告方法について

必要書類

確定申告書提出前に、所得税と異なる課税方式により個人住民税を課税することを希望する場合

確定申告書提出前に所得税と異なる課税方式により個人住民税を課税することを希望する場合、以下の書類が必要です。

・希望される課税方式を記載した市民税・都民税申告書

・上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書

・特定上場株式等の配当所得や上場株式等の譲渡の特定口座年間取引報告書の写し

確定申告書提出後に、所得税と異なる課税方式により個人住民税を課税することを希望する場合

確定申告書提出後に所得税と異なる課税方式により個人住民税を課税することを希望する場合、以下の書類が必要です。

・希望される課税方式を記載した市民税・都民税申告書

・上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書

・確定申告書の控えの写し

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

税務部住民税課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7219 
ファックス:042-627-5918

お問い合わせメールフォーム