現在の場所 :
トップ > 施設案内 > 公園施設案内 > 公園資源の有効活用について

公園資源の有効活用について

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0011910

印刷する

市で管理している公園や緑地からは、毎年大量の剪定枝や落ち葉、倒木などによる材木が発生しています。
これらの発生材についても、市ではただ焼却などの処分をするのではなく、いろいろな形で有効に活用しております。その一例を紹介します。

落ち葉や剪定枝等の配布

公園等で毎年沢山発生する落ち葉や剪定枝については、通常産業廃棄物として焼却処分することとなります。

(補足)現在福島第一原子力発電所事故の影響で、落ち葉や剪定枝を原料とした堆肥については、農林水産省の指導により生産や流通の規制が行われています。

これは、放射能汚染の可能性のある堆肥が拡散するのを防ぐための措置で、農林水産省による規制が解除されるまでは、当面の間市民の方への配布は見合わせています。

高濃度の放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等の施用・生産・流通の自粛について(外部リンク)

北野清掃工場の「ポカポカ足湯」に剪定枝を提供

豊富なみどりを有する八王子の特性を活かした温暖化対策として、北野清掃工場敷地内に設置された「ポカポカ足湯」に、燃料として市内の公園から発生した剪定枝を、燃料として提供としています。(放射性物質の含有量は検査しています)

「ポカポカ足湯」は、小型木質バイオマスボイラーを使用して稼働しています。
成長過程で二酸化炭素(CO2)を吸収する樹木を燃料とする木質バイオマスボイラーは、燃やしても大気中のCO2(二酸化炭素)量に影響を与えない設備として、注目されている設備です。

「ポカポカ足湯」のご案内

公園発生材を活用した施設整備

戸吹スポーツ公園の野外卓とベンチ

台風などにより倒れた公園の樹木を活用して、ベンチやスツール、野外卓等に加工し、設置しています。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

まちなみ整備部公園課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7271 
ファックス:042-626-3533

お問い合わせメールフォーム