外国の番号制度はどのようになっているのですか。

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0000621

印刷する

戸籍・住民登録に関する よくある質問

質問 外国の番号制度はどのようになっているのですか。

回答

諸外国の番号制度について、いわゆる共通番号制度を導入している国は、二つのタイプに分かれます。

アメリカ・カナダ型 「社会保障番号型」

社会保障番号は、出生時に付与される番号(カナダでは、勤労者に付与される番号)で、納税者番号等さまざまな行政分野で利用されるほか、事実上、民間部門においても幅広く利用される共通番号となっています。

(注意)アメリカでは、Social Security Numberと呼ばれています。

北欧・韓国型 「住民登録番号型」

住民登録番号は、全住民に付与される番号で、納税者番号等さまざまな行政分野で利用されるほか、民間部門でも幅広く利用される共通番号となっています。

(注意)スウェーデンでは、Personal Identity Numberと呼ばれています。

他の国々でも、さまざまな番号制度が導入されています。

イタリア・オーストラリア

もっぱら納税者番号として用いられる番号が付与されます。

イギリス

納税者番号制度は導入されていませんが、国民保険番号(NI番号)が社会保険と税の分野を中心に幅広く利用されています。

ドイツ

身分証明書の携帯義務があります。

この身分証明書番号は、他目的への活用は禁止されていますが、不正利用等に備え、コンピュータで管理されています。

フランス

限られた行政分野で利用され、原則として本人に告知されない国民ID番号があります。

我が国の住民票コードは、市町村が住民票に記載する番号で、民間が利用できない、限られた行政分野で用いられる限定的な番号です。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

市民部市民課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7361 
ファックス:042-626-2381

お問い合わせメールフォーム