現在の場所 :
トップ > 市政情報 > 市の政策・計画とまちづくり > まちづくり > まちづくり > 都市景観・地区まちづくり > 第19回都市景観セミナー アンケート結果

第19回都市景観セミナー アンケート結果

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0009548

印刷する

セミナー参加者:15名
アンケート有効回答数:14名(回収率93パーセント)

1 今日のセミナーのテーマは、どうでしたか。

  1. たいへんよかった 8人
  2. よかった 6人
  3. あまりよくなかった 0人
  4. よくなかった 0人

その理由があればお願いします。

  • 実例が沢山挙げられていてイメージがわきやすく、八王子市もぜひこういう屋外広告物のあるまちになるといいなと思いました。行政の働きかけだけでなく、企業や地域の人の積極的な協力が重要と感じました。
  • 色彩の基礎的な話は勉強になりました。
  • 普段あまり考えた事が無かった事に気づく事が出来ました。
  • 映像での説明で分かりやすかったのですが、もう少し資料の方に説明部分があると良かった。

2 身近にある屋外広告物の中で、まちを素敵に彩っている例はありますか。

  1. ある 3人
  2. ない 5人

3 お住まいの地域について、何か景観や屋外広告物に関する取り組みが必要だと感じていますか。

  1. 感じている 10人
  2. 感じていない 0人

例えば

  • 八王子駅北口周辺は、特に必要だと思います。
  • ニュータウン通り沿いの看板が雑多。
  • 住宅街でも個人宅の各建物のテイスト、色合いがバラバラで統一感がないところが残念な感じがします。
  • 講師の挙げられたような、建物自体が派手な色調だったり、高尾山のように観光客が多いところで各々に看板を出しているので、都市としての格とでも言うべきものが低いように感じてしまい残念。
  • 地域ごとに特色あるまちなみづくり。
  • 景観にマッチした屋外広告物の設置が大切と思う。又、広告物ばかりでなく景観にマッチした建築物をふやすことも大切なことと思う。
  • 商店街ごとに特色ある屋外広告物へ統一すると個性になる。
  • 町中の緑、特に市内に点在する桜の木、タイサンボクの木など、は何のある町、他市にない魅力的な町になっていくと良いのでは。
  • 店の前の立て看板はあまりきれいではない。
  • 人によっては気持ち悪くなる写真はやめてほしい。
  • 最近塗りかえられた民家の外壁が派手な緑色になっていた。塗装業者などにも八王子の景観基準の説明が必要ではないか。

4 このセミナーを何でお知りになりましたか。

  1. 広報はちおうじ 8人
  2. 市のホームページ 3人
  3. ポスター・チラシ 1人
  4. 案内メール(以前のセミナー参加者向け) 1人
  5. その他 1人(知人の紹介)

5 最後に、ご自身のことについてお答えください。

住所

市内 11人(東町・大和田町・片倉町・千人町・中野山王・長房町・別所・みなみ野・元本郷町・八日町・横山町)

性別

男性10人

女性4人

年齢

30歳代3人

40歳代5人

50歳代2人

60歳代4人

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

まちなみ整備部まちなみ景観課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7267 
ファックス:042-626-3616

お問い合わせメールフォーム