現在の場所 :
トップ > よくある質問から探す > 税金 > 固定資産税 > 平成29年12月に私が所有していた土地と家屋を売却し、買い主への所有権移転登記は平成30年2月に行いました。この場合、平成30年度の固定資産税は誰に課税されますか。

平成29年12月に私が所有していた土地と家屋を売却し、買い主への所有権移転登記は平成30年2月に行いました。この場合、平成30年度の固定資産税は誰に課税されますか。

更新日:平成30年4月1日

ページID:P0000687

印刷する

回答

固定資産税・都市計画税は、その年の1月1日現在に、登記簿に所有者として登記されている人に対し、当該年度分を課税します。

したがって、あなたに対し平成30年度分の全額の納税通知書をお送りします。

ただし、最近では税負担をめぐるトラブルを防ぐため、誰がどのように税金を負担するか契約書に明記する場合が増えてきました。売買契約書で固定資産税などの税金の支払いがどのようになっているか、もう一度ご確認ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

税務部資産税課庶務担当
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7251 
ファックス:042-627-5918

お問い合わせメールフォーム