八王子市


[1] くらしの情報
[2] 観光・文化
[3] イベント情報
[4] 市政情報
[5] 施設案内
[6] 事業者の方へ


何をお探しですか?



HIV・エイズについて



エイズという病気とその現状

東京都の患者・感染者報告数の年次推移

平成25年東京都において新たに報告されたHIV感染者・AIDS患者を合わせた数は469件でした。AIDS患者報告数は過去最高となっています。

HIV感染者報告数は20歳から30歳代に多く、AIDS患者報告数は30歳から40歳代が多い割合を占めています。

エイズってどういう病気

  • エイズは、HIVというウイルスが感染することによって起こる病気です。
  • HIVに感染すると徐々に病原体への抵抗力が低下して、健康であれば病気にならないような弱い病原体で病気を引き起こします。 (エイズの発症)
  • HIVに感染してもすぐにエイズになる(発病する)わけではありません。感染後10年で約半数の人が発病すると言われています。症状がなくても人に感染させる可能性があるので十分に気をつける必要があります。
  • HIVは感染している人の精液・膣分泌液・血液に多く含まれています。
    感染経路は以下の3つです。
  1. 性行為(精液・膣分泌液)による感染
  2. 血液を介して(注射器の共用など)の感染
  3. 母親から赤ちゃん(妊娠中・出産・母乳)への感染

この中でもっとも多いのは性行為による感染です。


このページに掲載されている情報のお問い合わせ先
八王子市役所 健康部(八王子市保健所)保健対策課 感染症対策担当
住所: 〒192-0083 八王子市旭町13番18号
電話:042-645-5195
FAX番号:042-644-9100


[0]トップページへ戻る


八王子市役所
〒192-8501
東京都八王子市元本郷町3-24-1
[ 地図・フロア案内 ]
電話:042-626-3111(代表)
午前8時30分から午後5時まで
(土曜、日曜、祝日は、閉庁です。)


このサイトについてプライバシーポリシー
免責事項リンク集



[#]ページ上部へ戻る


© 2016 八王子市