法人市民税

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0012267

印刷する

納税義務者

納税義務者の納める税額について
納税義務者 納める税
1 市内に事務所や事業所を有する法人

均等割及び法人税割

2 市内に寮、保養所などを有する法人で、その市内に事務所や事業所を有しないもの 均等割
3 市内に事務所や事業所などを有する公益法人等で、収益事業を行わないもの 均等割

(注意)3に掲げる公益法人等又は法人でない社団等で、収益事業を行う場合は、1に該当します。

均等割

均等割について
資本金等の額または資本金の額及び資本準備金の額の合算額 従業者数 税率(年税額)
 50億円を超える法人

50人超え

3,000,000円
 50億円を超える法人 50人以下 410,000円
 10億円を超え50億円以下の法人 50人超え 1,750,000円
 10億円を超え50億円以下の法人 50人以下 410,000円
 1億円を超え10億円以下の法人 50人超え 400,000円
 1億円を超え10億円以下の法人 50人以下 160,000円
 1千万円を超え1億円以下の法人 50人超え 150,000円
 1千万円を超え1億円以下の法人 50人以下 130,000円
 1千万円以下の法人 50人超え 120,000円
 1千万円以下の法人 50人以下 50,000円
 上記以外の法人等 なし 50,000円

(注意)
1 資本金等の額(補足1)は法人が株主等から出資を受けた金額として法人税法施行令で定める金額、ただし、資本金等の額が、資本金の額及び資本準備金の額の合計額又は出資金の額に満たない場合は、資本金の額及び資本準備金の額の合計額又は出資金の額となります。
(補足1)連結法人の場合は、連結個別資本金等の額
2 従業者数は市内に有する事務所又は寮などの従業者数
3 資本金等の額及び従業者数は、算定期間の末日で判定します

法人税割(法人税額×税率)

法人税割について
法人等の区分

平成26年10月1日以後に開始する事業年度の税率

平成26年9月30日までに開始する事業年度の税率

資本金の額又は出資金の額が1億円を超える法人及び相互会社 12.1パーセント 14.7パーセント
資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人、資本又は出資を有しない法人 9.7パーセント 12.3パーセント

(補足)地方法人税の創設により、平成26年10月1日から開始する事業年度から法人税割の税率が引き下げられました。

(注意)法人税割の法人等の区分は、資本金の額又は出資金の額のみで判定します。
また、法人税の税額による税率の区分はありません。

申告と納付の方法

申告と納付の方法について
事業年度 申告 申告期限等
1年 中間・予定申告

事業年度開始の日以後6か月を経過した日から2か月以内

  • 予定申告
    前事業年度分として納付した法人税割額に6を乗じて得た金額を前事業年度の月数で除して得た法人税割額と均等割額との合計額
  • 中間申告(仮決算による)
    その事業年度開始の日以後6か月の期間を1事業年度とみなして法人税額をもとにして計算した法人税割額と均等割額との合計額
1年 確定申告 事業年度終了の日から、原則として、2か月以内
申告納付額は、確定申告にかかる均等割額と法人税割額との合計額
なお、当該事業年度についてすでに中間(予定)申告を行った税額がある場合には、その額を差し引いた額

大法人の電子申告の義務化について

平成30年度の税制改正により、大法人が行う平成32(2020)年4月1日以降に開始する事業年度の法人市民税の申告は、電子情報処理組織を使用する方法(eLTAX)により提出しなければならないことになりました。その概要について以下のとおりお知らせします。

1 対象税目
 法人市民税
2 対象法人
 (1)内国法人のうち、事業年度開始時において資本金の額又は出資金の額が1億円を超える法人
 (2)相互会社、投資法人及び特定目的会社
3 適用開始事業年度
 平成32(2020)年4月1日以降に開始する事業年度
4 対象となる申告書等
 確定申告書、中間(予定)申告書、仮決算の中間申告書、修正申告及びこれらの申告書に添付すべきものとされている書類

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

税務部住民税課法人担当
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7220 
ファックス:042-627-5918

お問い合わせメールフォーム