現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 税金 > 税金について > 市民税・都民税 > トピックス > 令和2年度市民税・都民税特別徴収税額決定通知書の発送について

令和2年度市民税・都民税特別徴収税額決定通知書の発送について

更新日:令和2年5月15日

ページID:P0026697

印刷する

令和2年5月15日(金曜日)に特別徴収義務者あてに、市民税・都民税特別徴収税額決定通知書を発送いたしました。この内容は、令和2年4月末までに本市が事務手続きを行った申告書、給与支払報告書、異動届出書等に基づき作成しています。住民税の特別徴収は、地方税法で定められているため、給与支払報告書を普通徴収希望として提出されていても正当な理由が明記されていない場合は、特別徴収としています。特別徴収ができない理由がある場合には、届出により普通徴収に切り替えることが可能な場合があります。

新型コロナウイルスの影響による申告内容反映の遅延について

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から申告受付の集中緩和を図ることを目的とした令和元年分所得税確定申告の申告期限延長に伴い、3月17日(火曜日)以降に提出された確定申告書の申告内容が令和2年度給与所得等に係る特別徴収税額決定通知書に反映されていない場合があります。その場合、申告書等の内容を確認後、改めて手続きを行い、税額変更通知書等によりお知らせいたします。なお、従業員の方より申し出のあった際には、お手数ですが手続終了後に変更の通知を改めて送付させていただく旨をお伝え願います。

新型コロナウイルスの影響により創設された 徴収猶予の「特例制度」について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業等に係る収入に相当の減少があった際に、最長1年間、市税の徴収猶予を受けることが可能な場合があります。詳しくは下記の詳細ページをご参照いただくか、税務部納税課猶予担当(042-620-7224)までお問合せ願います。

  詳細ページ :新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルスの影響により給与の支払いができず特別徴収できない場合について

 納税義務者を事業所から、納税者自身に切り替えを行う必要がありますので、給与所得者異動届出書のご提出が必要となります。

  詳細ページ:給与所得者異動届出書の提出     

従業員の異動に関する届出について

 令和2年度給与支払報告書の提出後、従業員が退職や休職をされて特別徴収が実施できなくなった場合や、中途就職や休職からの職場復帰により特別徴収に切り替える場合等は、届出が必要になります。各種届出の記載方法等につきましては、下記の詳細ページをご参照願います。

  詳細ページ:給与所得者異動届出書の提出 

        普通徴収から特別徴収への切替

                 【問合せ先】
                  ○課税に関すること
                   税務部住民税課 特別徴収担当 042-620-7354
                  ○徴収猶予の「特例制度」に関すること
                   税務部納税課 猶予担当 042-620-72247358

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

税務部住民税課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7219 
ファックス:042-620-7493

お問い合わせメールフォーム