現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 高齢・介護・障害・生活福祉 > 障害のある方のために > 障害者福祉トピックス > 緊急時通学支援が利用しやすくなりました

緊急時通学支援が利用しやすくなりました

更新日:

ページID:P0029052

印刷する

 令和3年度(2021年度)から、八王子市緊急時通学支援事業の利用要件を一部変更します。

変更要旨
 これまで利用要件として、支援対象児童等の送迎を行う保護者が、緊急やむを得ない事由(入院・通院・冠婚葬祭・監護する子が病気)が生じ、他の制度や代わりの支援者を調整した上でもなお、通学に付き添えない場合に限り利用可能としていました。また、監護する子が病気の場合、症状が軽度の場合は利用できませんでした。


そこで、令和3年度(2021年度)より緊急の要件等を緩和し、次の点を変更しました。

1.やむを得ない事由が予め決定している場合、事前に事業者に予約の上、利用することを可能としました。
2.他の制度や代わりの支援者を事前に調整することを不要としました。
3.監護する子の病状について、保護者が見守りを必要と判断すれば利用可能としました。

緊急時通学支援が利用しやすくなります(チラシ)(PDF形式 35キロバイト)

 緊急時通学支援事業

緊急時通学支援事業協定事業者(PDF形式 91キロバイト)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部障害者福祉課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7245 
ファックス:042-623-2444

お問い合わせメールフォーム