現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 高齢・介護・障害・生活福祉 > 障害のある方のために > 障害者福祉トピックス > 新型コロナウイルス感染症対策のための精神障害者保健福祉手帳の更新手続きに係る診断書の提出猶予について

新型コロナウイルス感染症対策のための精神障害者保健福祉手帳の更新手続きに係る診断書の提出猶予について

更新日:令和2年5月15日

ページID:P0026689

印刷する

今般の新型コロナウイルス感染症の発生状況等に鑑み、精神障害者保健福祉手帳の有効期間の末日が、令和2年3月1日から令和3年2月28日までにある方のうち、更新時に医師の診断書を提出する必要がある方については、当該医師の手帳の有効期限の診断書の提出を1年間猶予した上で、更新することができることとなりました。

※自動更新ではありません。(申請が必要となります。)
※有効期間の末日から1年以内に医師の診断書の提出がなかった場合、精神障害者保健福祉手帳は失効します。
※医師の診断書の提出を猶予した場合、障害等級は従前のものと同等となります。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

福祉部障害者福祉課(福祉・自立支援医療担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7245 
ファックス:042-623-2444

お問い合わせメールフォーム