男女共同参画の推進

更新日:平成29年5月11日

ページID:P0000059

印刷する

平成11年6月に「男女共同参画社会基本法」が施行されました。
この中では、少子高齢化の進展、経済活動の成熟化など社会状況の急速な変化に対応するため、男女が、互いに人権を尊重しつつ責任を分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会の実現」が、21世紀の我が国における最重要課題であると位置付けています。
八王子市でも、男女共同参画社会の実現を目指し、施策の推進を図っています。

市の位置付け

八王子市の基本構想・基本計画である「八王子ビジョン2022」では、

第2編 「健康で笑顔あふれる、ふれあい、支えあいのまち」

第1章 「誰もが心豊かに暮らせる市民生活の推進」

第1節 「一人ひとりが尊重される地域社会の構築」

において、平和の大切さや尊さが継承され、一人ひとりの人権が尊重されるとともに、社会の一員としてあらゆることに参加でき、誰もが安心して暮らせるまちづくりをめざしています。課題のひとつである、男女共同参画社会の実現に向けた取組を推進しています。

国際婦人年以降における男女共同参画の国内外の動き

都市宣言

女性の参画率

男女共同参画社会の実現のためのひとつの目安として、附属機関等委員への女性の参画率があります。市では、「八王子市附属機関等への女性の参画促進要綱」を制定し、平成30年度までに、女性の参画率を40パーセントにすることを目標としています。



女性の参画状況推移

附属機関等数

うち女性がいる

附属機関等

委員等総数

(人)

うち女性数

(人)

女性の参画率
29年度 133 108 2,030 686 33.8%
28年度 131 105

2,035

669

32.9%

27年度 134 108 2,066 669 32.4%
26年度 131 106 2,070 691 33.4%

八王子市男女共同参画施策推進会議

この会議は、市の男女共同参画に関する総合的な施策の推進にあたり、外部の視点からの意見又は助言を求めるために設置しています。
平成30年度は、「男女が共に生きるまち八王子プラン(第3次)」についての中間見直しに関する事項や進捗状況の評価等に関して、意見又は助言をいただきます。
会議は、以下の参加者で構成されています。

参加者一覧

番号 氏名 選出区分
1 江原 由美子 学識経験者
2 糸井 義明 労政を代表する者
3 細江 祐子 事業者を代表する者
4 島﨑 誠 地域を代表する者
5 野崎 忠行 地域を代表する者
6 町田 千恵美 教育を代表する者
7 石川 茂子 公募市民
8 伊藤 セツ 公募市民
9 北山 信子 公募市民
10 中野 英一 公募市民

平成30年度 開催経過

第1回 平成30年4月26日

第2回 平成30年6月28日

第3回 平成30年7月27日

第4回 平成30年8月14日

第5回 平成30年10月4日

第6回 平成30年10月18日

平成29年度 開催経過

第1回 平成29年5月25日

第2回 平成29年6月29日

第3回 平成29年8月10日

第4回 平成29年10月5日

第5回 平成30年1月25日

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

市民活動推進部男女共同参画課
〒192-0082 八王子市東町5-6 クリエイトホール8階
電話:042-648-2230 
ファックス:042-644-3910

お問い合わせメールフォーム