現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 産業・仕事 > 産業・仕事全般 > 事業継続緊急支援金(第3回)

事業継続緊急支援金(第3回)

更新日:

ページID:P0029957

印刷する

八王子市事業継続緊急支援金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、減益となった中小企業者等の支援を目的とした支援金です。

制度案内(チラシ)  申請の手引き

問い合わせ先(八王子市緊急支援金専用コールセンター)
0570-666-144
(午前9時~午後5時/土日祝・年末年始除く)

目次

1.受付期間  2.対象者  3.支給額  4.提出書類
5.申請方法  6.郵送先  7.よくある質問  8.問い合わせ先

1.受付期間(消印有効)

受付期間
令和3年11月24日(水)~令和4年1月17日(月)

※上記期間の消印のみ有効です。期間外消印の申請は無効となります。
※予算の範囲内で交付するため、早期に受付を終了する場合があります。

2.対象者

以下の(1)~(13)すべてに該当している事業者

《基本要件》

(1) 市内に事業所がある。
(2) 市税及び社会保険料の滞納がない。
(3) 令和元年12月以前に事業を開始し、令和元年12月までの確定申告が済んでいる。
(4) 今後も事業継続の意思がある。
(5) 国、都、市から出資を受けていない。
(6) 政治及び宗教団体でなく、またそれらに関連する組織でない。
(7) 「性風俗関連特殊営業」に関連する事業でない。
(8)  暴力団、暴力団員、その他反社会的勢力及びそれらと関係がない。
(9) 令和2年1月以降の東京都の営業時間短縮要請の対象店舗を営業していない。
  (対象店舗については、東京都のホームページ(外部リンク)をご確認ください。)

《売上要件》

(10) 新型コロナウイルス感染拡大前3期分の売上高を平均した額が、法人で1億円を超えている。
   または、個人で4,000万円を超えている。
(11) 新型コロナウイルス感染拡大前3期分の経常利益を平均した額が、マイナスでない。
(12) 新型コロナウイルス感染拡大前3期分の経常利益を平均した額と、拡大後の決算の経常利益を
   比較して、80%以上減少している。
  (感染拡大前の営業年数が3期より短い場合は、例外規定があります。詳しくは申請の手引き
   「売上要件の確認方法」をご確認ください。)

参考資料:決算期早見表(PDF形式 129キロバイト)

《受給状況による要件》

(13) 第2回八王子市事業継続緊急支援金(令和3年3~5月募集分)を受給していない。

3.支給額

区分 年間売上 支給額
法人 1億円超~2億円以下 40万円
2億円超~3億円以下 60万円
3億円超~4億円以下 80万円
4億円超~ 100万円
個人 4,000万円超~ 40万円

4.提出書類

下記書類のうち、法人は1~2および4~8個人事業者は1および3~8をご提出ください。
申請書の記入にあたっては、申請の手引き及び日本標準産業分類表をご参照ください。

1.交付申請書(第1号様式) Word版 PDF版

2.登記簿謄本(法人のみ)
  発行から3か月以内もの(コピーの提出可)

3.住民票の写し(個人事業者のみ)
  申請者本人のものでマイナンバーの記載がなく、発行から3か月以内のもの(コピーの提出可)

4.決算書(コピー)
 申請書の「3」「4」で記入した売上と経常利益が確認できる、次の書類(1)(2)を提出してください。
【法人】(1) 損益計算書(決算4期分すべて)
【個人】(1) 青色申告決算書(平成29年~令和2年分すべて)
【共通】(2) (1)を税務署で受理したことが確認できる書類
      (収受印のあるページ、電子申告の送信票・受信通知など)該当年度分すべて

5.納税証明書
【法人】直近の法人市民税の納税証明書
【個人】令和3年度の市民税・都民税の納税証明書

6.事業許認可書(コピー)
 ※許認可・届出を要する事業を営んでいる場合はご提出ください。

7.振込先口座・口座名義人確認書類

8.宣誓書 Word版 PDF版



※八王子市に住民票がある方は、申請に必要な住民票の写し・納税証明書を請求する場合、窓口で
 「コロナ関連」とお伝えください。発行手数料が免除されます。
※提出書類の控え(コピー)をお取りください。後日事務局(電話番号0570-666-144)から、申請内容
 の確認でご連絡する場合があります。
※提出していただいた書類の返却には応じません。
※申請書到着後から支給までにかかる時間の目安は、申請書に不備がない場合で、30~40日程度です。
 書類審査が終わりましたら、申請者の所在地あてに、交付もしくは不交付の決定通知を送りますので
 必ず確認をお願いします。

5.申請方法

申請の手引きにしたがって上記提出書類をご用意のうえ、下記まで郵送してください。
(申請受付は令和4年1月17日消印分まで有効です)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送でのみ受け付けます。
※印刷環境がない方に向けて、八王子市役所本庁舎1階コピー機横/6階産業政策課窓口、
 八王子駅南口総合事務所、南大沢事務所に紙の交付申請書等を設置しています。
 部数に限りがあるため、印刷環境をお持ちの方は、こちらのページよりダウンロード
 してご利用ください。

6.郵送先

〒190-0023
 東京都立川市柴崎町2-12-24 MK立川南ビル3階
 八王子市事業者支援事務局(株式会社JTB東京多摩支店) 事業継続緊急支援金 係

7.よくある質問

Q1.経常利益減少率を計算すると、100%を超えます。書類にはどう記入すればよいですか?

A1.100%を超える場合でも、算出された数字をそのままご記入ください。



Q2.
市税及び社会保険料について、新型コロナウイルスの影響による猶予制度の適用を受けて
   います。この場合、「市税および社会保険料の滞納がない。」という要件に該当しますか?

A2.新型コロナウイルスの影響による猶予制度の適用を受けている場合、猶予後の納付期限を
   迎えていない未納分については、滞納とはみなしません。したがって、要件に該当します。
   申請の際に、納付期限が延長されていることがわかる資料の写しをご提出ください。



Q3.提出書類の「納税証明書」について、領収書の提出をもって代用することはできますか?

A3.できません。必ず市で発行する納税証明書をご提出ください。



Q4.NPOも対象となりますか?

A4.中小企業基本法上の中小企業ではない法人(NPO等)については対象外です。
   NPO等とは…社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、一般社団・財団法人
         公益社団・財団法人、学校法人、農事組合法人、農業法人、農業協同組合
         生活協同組合等



Q5.
申請書類は全てコピーでも問題ないでしょうか?

A5.宣誓書以外はコピーでかまいません。とくに決算書、事業許可書など大切な書類は
   原本ではなく、必ずコピーをお送りください。

8.問い合わせ先(八王子市緊急支援金専用コールセンター)

申請にあたってご不明な点がある場合は、コールセンターまでお問合せください。

0570-666-144(午前9時~午後5時/土日祝・年末年始除く)






このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

産業振興部産業政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7252 
ファックス:042-627-5951

お問い合わせメールフォーム