クーリング・オフ

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0007215

印刷する

クーリング・オフとは

クーリング・オフは、訪問販売などで契約したとき、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度です。

クーリング・オフができる期間
取引内容 期間
訪問販売
(キャッチセールス、アポイントメントセールスを含む)
8日間
電話勧誘販売 8日間
連鎖販売取引
(マルチ商法)
20日間
特定継続的役務提供
(エステティックサロン、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービス)
8日間
業務提供誘因販売取引
(内職、モニター商法)
20日間
訪問購入 8日間

訪問販売・電話勧誘販売・訪問購入でもクーリング・オフができない場合があります。

詳しくは、電話で消費生活センターに問い合わせください。
電話番号 042-631-5455

官製はがきでクーリング・オフをするとき

官製はがきに下記のように書いたら、必ず両面のコピーをとって保管し、特定記録郵便もしくは簡易書留でお送りください。

申込(契約)日 ○○年○○月○○日
商品名 ○○○○○○○
販売会社名 ○○○○○○○
担当者名 ○○○○○○○
上記契約を解除します。
○○年○○月○○日
差出人住所 東京都八王子市○○町○○番地
差出人氏名 ○○ ○○

最近の相談事例から

事例1

訪問販売で新聞購読を勧誘された。なかなか帰ってくれないので仕方なく契約したが、クーリング・オフしたい。

事例2

路上で声をかけられ、店へ連れて行かれエステの契約をして しまった。
高額で支払うのが大変なので解約したい。

事例3

テレビアンテナを修理すると来訪された。アンテナ修理後、屋根が傷んでいると言われ補修工事を契約した。
知り合いに見てもらうと補修の必要はないという。
クーリング・オフしたい。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

市民部消費生活センター
〒192-0082 八王子市東町5-6クリエイトホール地下1階
電話:042-631-5456 
ファックス:042-643-0025
相談専用電話:042-631-5455

お問い合わせメールフォーム