現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 生活・環境・交通・住宅 > 環境 > 地球温暖化防止 > 再生可能エネルギー > 剪定枝等のエネルギー化実証事業

剪定枝等のエネルギー化実証事業

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0007136

印刷する

北野清掃工場に木質バイオマスボイラーと足湯を設置しました。

木質バイオマスボイラー

みどり豊かな本市の特性を活かした温暖化対策の取り組みとして、北野清掃工場敷地内に長池公園から発生する剪定樹木を燃料とする木質バイオマスボイラーと啓発用の足湯を設置しました。
成長時にCO2を吸収するため燃焼により大気中のCO2量に影響を与えない「カーボンニュートラル」の燃料である木質バイオマスの活用及びエネルギーの地産地消に向けた普及啓発のため、あったかホールの来場者や社会科見学の児童への環境教育に活用するとともに、足湯は地域コミュニティの場としてもご利用いただけます。
このボイラーは、小型のバイオマスボイラーとしては国内初の試みで粒状セラミックの触媒による排ガス浄化装置を設置し、市街地において問題となる煙や臭いを除去しています。
また、長池公園の剪定樹木を薪にする作業は、障害者支援施設が担い、障害者の就労支援にも役立てています。

足湯に浸かる市長、市議会議員、近隣町会の皆様

平成24年3月24日には、完成記念イベントを行い、近隣町会や市議会議員の皆様にご出席いただき、足湯を体験していただきました。

足湯とバイオマスボイラーの建屋

足湯の営業時間等の詳細は、下記をご覧ください。

足湯のロゴマーク

足湯の愛称は「ポカポカ足湯」。第四小学校の児童にこのロゴマークとともに考えていただきました。

剪定枝等のエネルギー化実証事業(概要)

本市では、地球温暖化防止対策を計画的に取り組んでいくため、平成22年3月に「八王子市地球温暖化対策地域推進計画」を策定しました。この計画には、みどり豊かな本市の特性を活かした取り組みとして、再生可能エネルギーとなる剪定枝や間伐材等の木質バイオマスの利活用を図ることを重点的な取り組みとして掲げています。
木質バイオマスを活かした具体的な取り組みとしては、平成22年度において市内から発生する剪定枝等の利用可能量や需要先の調査を行うとともに、長池公園において剪定枝等を活用したエネルギー化のモデル事業を長池公園の指定管理者と連携して実施しました。
また、平成23年度においては、市施設に木質バイオマスボイラーを設置し、市が率先してバイオマス活用を進め、普及啓発を図っていきます。
なお、この事業は、「東京都地球温暖化対策等推進のための区市町村補助金」を財源として実施しています。

調査結果

平成22年度に実施した市内における剪定枝等のエネルギー化活用に向けた調査について、下記のとおり報告書として調査結果をまとめました。

「木質バイオマス」とは。

「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。そのなかで、木材からなるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。 木質バイオマスには、主に、樹木の伐採や造材のときに発生した枝、葉などの林地残材、製材工場などから発生する樹皮やのこ屑などのほか、住宅の解体材や街路樹の剪定枝などの種類があります。

丸太

長池公園における剪定枝等のエネルギー化モデル事業

キャンペーンのぼり

剪定枝等の木質バイオマスによるエネルギー化活用の取り組みのひとつとして、長池公園において「地球温暖化防止キャンペーン」と題して、公園内から発生する剪定枝などを活用したイベントを実施しました。

公園内における木質バイオマス利用の例

長池公園では、間伐材や剪定枝の一部をチップにして堆肥化しており、バイオマスの循環利用を行っています。 さらに、園内でバイオマスのエネルギー化を進めるにあたり、剪定枝等の活用機材により、より効率的で有効な園内循環方策を進めており、これまで、利用が進んでいなかった小径木や剪定枝については、小型チッパーを用いたチップ製造、薪割り機による薪利用(普及啓発イベント用の移動式薪かまどの燃料として利用)など行っています。

公園内の木質バイオマス利用の例

薪かまど
長池公園内の剪定枝を燃料として使用する「薪かまど」

「剪定枝等のエネルギー化実証事業」支援業務委託の契約業者

剪定枝等のエネルギー化実証事業を実施するにあたり、公募型プロポーザル方式により、木質バイオマスの専門的な知識を持つ事業者を募集しました。
2者の応募がありましたが、審査委員会による審査の結果、下記の事業者が契約業者となりました。
契約業者は、市内から発生する剪定枝等の発生量や活用可能量を調査するとともに、市内における木質バイオマスボイラーの設置可能箇所の調査及び選定を行います。
また、長池公園で行う剪定枝等のエネルギー化モデル事業の支援を行います。
なお、審査結果の詳細については、下記リンクのとおりです。

契約業者

株式会社 森のエネルギー研究所

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境政策課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7384 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム