現在の場所 :
トップ > くらしの情報 > 生活・環境・交通・住宅 > 環境 > みどり > 八王子市みどりの基本計画

八王子市みどりの基本計画

更新日:平成28年6月29日

ページID:P0006983

印刷する

八王子市みどりの基本計画策定検討懇談会

現行の八王子市みどりの基本計画が平成31年度で満了することから、平成30年度、平成31年度の2か年で本計画の改定を行います。本計画の改定に当たり、学識経験者、市民、事業者等のご意見を反映させるため、「八王子市みどりの基本計画策定検討懇談会」を設置しました。

【第3回】八王子市みどりの基本計画策定検討懇談会 
 日時:平成31年2月5日(火)午前9:30から
 場所:市役所 7階 702会議室
 内容:(1)基本方針等の変更について (2)施策の方向性について (3)地域別方針について
 傍聴:定員3名

(第3回懇談会資料)

【第2回】八王子市みどりの基本計画策定検討懇談会 
 日時:平成30年10月15日(月)午後1:30から
 場所:市役所 5階 502会議室
 内容:(1)八王子市みどりの基本計画の基本方針等について (2)アンケート調査について
 傍聴:定員3名

(第2回懇談会資料)

 【第1回】八王子市みどりの基本計画策定検討懇談会
 日時:平成30年7月27日(金)午前9:30から
 場所:市役所 議会棟 第6委員会室
 内容:(1)八王子市みどりの基本計画の概要について  (2)新計画の骨子案について
 傍聴:定員3名

(第1回懇談会資料)

八王子市みどりの基本計画

八王子市みどりの基本計画

市は、平成11年3月に策定した旧計画の計画期間満了にともない、平成22年3月に「八王子市みどりの基本計画」を改定しました。

動・植物の生息・生育地の保全や温暖化防止、景観の保全など、みどりの持つ役割を理解し、中心市街地から山地に至る本市の地域特性を踏まえたみどりの保全と創出をめざしていきます。

八王子市みどりの基本計画

改定にむけては、市民・事業者、あらゆる分野からの意見・提案を反映できるよう、市民・事業者・市で構成する検討会で、平成20年度より検討を重ね平成21年5月に素案を公表、市民意見を反映した原案を策定後、学識経験者と公募市民等で構成され、市の環境保全に関する基本的な事項を調査審議する市長の付属機関である環境審議会の答申を経て平成22年3月に公表しました。

八王子市みどりの基本計画とは

「八王子市みどりの基本計画」は、都市緑地法にもとづき八王子市が策定する計画です。計画では、市の公園・緑地の適正な配置と整備、自然環境の保全、都市緑化の推進、緑化の体制づくりなど、みどりに関する各種施策を総合的・体系的にとりまとめ、みどりを活かした豊かなまちづくりを推進することを目的としています。

八王子市のみどりの基本理念

みどりを市民・事業者・行政の協働により次世代に継承する

八王子堀之内里山保全地域

毎年実施している市政世論調査によると、八王子へ住み続けたいと思う市民のうち6割以上が「自然に恵まれている」ことを理由にあげています。さらに地球温暖化への対応や、生物多様性の保全などの社会情勢の変化に、みどりの持つさまざまな機能に対する期待が高まっています。

八王子市の豊かなみどりは、市民共有の財産であり、新たに作り出すのは大変難しいものです。

私たちは、この豊かなみどりを守らなくてはなりません。

そのためには、市民・事業者・行政のパートナーシップを築き、豊かなみどりを次世代に継承していくことが必要です。

以上のことから「みどりを市民・事業者・行政の協働により次世代に継承する」ことを、改定した計画の基本理念としています。

自然とまちと人を結ぶ「みどりの環境調和都市」を目指して

みどりは、多くの人々にやすらぎを与え、うるおいをもたらすだけでなく、生物多様性の保全や健全な水循環系の構築、地球温暖化の防止など多面的な機能を持っています。

このようなみどりが持つ多面的な機能を十分に理解し、中心市街地から山地に至る本市の地域特性を踏まえたみどりの保全と創出を進めていくことが必要です。

そのため、改定した計画ではみどりの将来像を旧計画と同様に「自然とまちと人を結ぶ「みどりの環境調和都市」」とします。

みどりづくりの目標

(1)緑地の確保目標

八王子市の緑被率は、現況で61パーセントです。人口の増加などに伴い市街地開発が進展していることから、現状の緑地の確保が急務となっています。したがって、緑地の確保目標は現在の水準を確保することとします。

  • 現況(平成19年度)
    61.0パーセント(約11,373ヘクタール)
  • 目標(平成31年度)
    現在の水準を確保

(2)公園の整備目標

都市公園や緑地などの都市施設としての公園・緑地については、レクリエーション拠点としてだけではなく非常時の防災拠点としての機能も必要です。このため、歩いていける場所に公園を整備し、誰もが利用できるよう公園の充足率の維持・向上に努めることとします。ただし、公園・緑地の整備にあたっては、地域による偏りがないように適正な配置を目指します。

  • 現況(平成21年度)
    81.2パーセント(約6,482ヘクタール)
  • 目標(平成31年度)
    90パーセント(約7,181ヘクタール)

(補足)公園の充足率イコール街区・近隣・地区公園など都市公園の誘致圏(市街化区域面積)

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

環境部環境保全課(自然環境・庶務担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7268 
ファックス:042-626-4416

お問い合わせメールフォーム